8ヶ月の制作期間を要した「最強」の拓海号|1984年式 トヨタ スプリンタートレノ 3ドア GTアペックス Vol.2|駆け抜けるテンロク

エンジンがAE111用20バルブ仕様のため、4連スロットルを装備。エアフィルターは、K&N製を使ったアネックスのオリジナルキット。

       
【1984年式 トヨタ スプリンタートレノ 3ドア GTアペックス Vol.2】

Vol.【1】から続く

 パールホワイトとブラックにオールペンされたボディは一度すべてバラし、細部に至るまで徹底的にレストア。各部のサビ取りや板金作業を施し、補強パーツも装着。足回りも当然リフレッシュされ、ブッシュ類はすべて交換。アーム類も調整式がおごられているのだ。そしてエンジンはAE111の20バルブ仕様4A‐GE型を搭載し、内部にも手が加えられるなど、膨大なメニューが施され、その結果、新車のような「最強」の拓海号が完成したのである。

 このような経過もあり、約半年という計画が少々長引き、8カ月という製作期間を要してしまった。とはいえ、ノスタルジック2デイズで無事にお披露目し、多くの来場者から声援をもらったことは、携わった人たちには何物にも代え難いたまものとなったはずだ。


純正のごとく収まったAE111用の20バルブ仕様4A-GE型など【写真8枚】




Vol.【3】に続く

1984年式 トヨタ スプリンタートレノ 3ドア GTアペックス
SPECIFICATIONS

●エクステリア
Jブラッド・カーボンボンネット/カーボンリトラカバー/FRPフロントフェンダー/FRPリアゲート、レイブリック・マルチリフレクターヘッドランプ、シビエ・フォグランプ、レクサスパールホワイトオールペン、前期用リアワイパー、特注ブルーボカシ入りフロント合わせガラス、各ランプLED化

●インテリア
サード・スタックディスプレーシステムメーター、TRDバケットシート、イタルボランテ・アドミラル、KAROフロアマット、シート&トリム&ルーフをブラウン/オレンジのアルカンターラ/レザーに張り替え加工

●エンジン
AE111用20バルブ4A-GE型換装(アネックスチューン)、TRDヘッドガスケット/プラグコード、戸田レーシング・264度カム、アネックス・エアクリーナーキット/オリジナルマフラーtype3/オリジナルステンタコ足/オリジナルCPU、ノビーブース・アルミ2層式ラジエーター、トラスト・オイルクーラー、サード・キャタライザー

●駆動系
クスコ・超軽量クロモリフライホイール/カッパークラッチ、リボルバー・タイプEクロスミッション、ATSメタルLSD、4.778ファイナルギア、TRD・クイックシフト

●足回り
トラスト・グレッディパフォーマンスダンパーtype-S、TRDブッシュ、クスコ・前後スタビライザー/アッパー&ロワコントロールアーム/調整式ラテラルロッド、RSワタナベエイトスポークF8タイプ(7J×15)、ブリヂストンRE11S(195/50R15)、ウィルウッド・フロント4ポットブレーキキット/リアφ260mmローターキット


初出:ハチマルヒーロー 2013年 8月号 Vol.022(記事中の内容は掲載当時のものを主とし、一部加筆したものです)

1984年式 トヨタ スプリンタートレノ 3ドア GTアペックス (全3記事)

関連記事:駆け抜けるテンロク

関連記事: スプリンタートレノ

text : Rino Creative/リノクリエイティブ photo : AKIO HIRANO/平野 陽

RECOMMENDED

RELATED

RANKING