およそ60年を経て比較してみた! AとBのエンジンルームやエンブレム|プリンス スカイライン 2000 GT-B GT-A Vol.3

GT-AとGT-Bを持つオーナーに取材をし、両方を見る機会を得た。ここではエンジンやエンブレムの違いなどを見てみたいと思う。




GT-Aのエンジンルーム。右側の黒いエアクリーナーボックス下にワンキャブを装着。エンジンルーム内であっても完璧なレストアが施されている。

関連記事:レストア中の個体がどうしても欲しくなって購入してしまったオーナー|プリンス スカイライン 2000 GT-B GT-A Vol.1



サイドのプリンスエンブレムの横にあるGTエンブレムはブルーとなる。



プリンスの名が残るプレート。Aが65年に発売され、それまでの3キャブのGTがBタイプとなった。型式にはAが刻まれている。



Bはウエーバーを3連装着。エアクリーナーボックスの形状がAとはまったく異なる。黒いダクトもボックスを避けて配管。



サイドのエンブレムはAのブルーに対して、Bは赤いタイプ。



プリンスの文字がなく「ニッサン」と記されているプレート。型式はS54型のみの表記となる。最高出力の125psという数値がBの証し。



掲載:ノスタルジックヒーロー2010年10月号 Vol.141(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

text:Nostalgic Hero/編集部 photo:Isao Yatsui/谷井 功

RECOMMENDED