ハコスカなれど2000GTターボとは、ナニゴト!?|HR30用 L20型ターボ搭載スカイラインハードトップ2000GT Vol.1

始動からアイドリング、そしてスロットルペダルを踏み込んでも、至ってスムーズな加速を見せるハコスカ。同時に、ノーマルのL20型エンジン搭載車の加速フィーリングとは明らかに違う力強さと速さを備えていることにも気付く。

スロットルペダルを勢いよく踏み込んでもキャブレター特有の吸気音は聞こえてこない。代わりに、「ヒュイーン」というタービン音がかすかに聞こえ、同時に肉厚なトルクが生み出す力強い加速感が味わえる。そう、このハコスカは、ターボエンジンへ換装されているのだ。


 旧車の性能を上げ、走りを楽しむための手法には、搭載エンジンをチューニングするほか、最近では、より高性能なエンジンへ載せ換える、いわゆるエンジンスワップも決して珍しいことではなくなってきた。

関連記事:ハコスカ に関する記事一覧


 特にハコスカやケンメリ、S30フェアレディZなどの車種では、L20型エンジンの徹底的なチューニングや、より排気量の大きなL28型エンジンへの載せ換え、さらには、そのL28型の排気量を3Lや3.1Lへ拡大してチューニングしていく手法が定番的に行われてきた。

一方で、同じ日産のスカイライン系に搭載されていた新世代のRB系エンジンへの載せ換えという選択もできるようになってきている。
だが、このハコスカには、そのどちらでもないチューニング手法が選ばれた。

それがL20E‐T型載せ替えだ。


インテリアの雰囲気もオリジナルの良さを残したままだ。ミッションはL型用の71B。シフトノブとタコメーターは暫定仕様で、タコメーターは純正メーターと違和感ないように加工される予定。



最高出力145psとなるHR30スカイラインのL20E‐T型エンジンを、あえてノーマルのまま搭載することで抜群の乗りやすさを確保。


定番のチンスポイラー付き。GT-R仕様だが誰でも乗れるチューニングが施されている。



軽いペダルタッチで確実な制動力を発揮するようにマスターバックを大型化。


掲載:ノスタルジックヒーロー 2011年12月号 Vol.148(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

Vol.1へ  Vol.3に続く  全ての画像を見る

関連記事:ハコスカ に関する記事一覧

text:Nostalgic Hero/編集部 photo:Akio Hirano/平野 陽

RECOMMENDED