スパ・フランコルシャン24時間レースで、日本車初の総合優勝を果たしたSA22C|1985年式マツダ サバンナRX-7 ターボ IMSAスペシャル Vol.3

空気抵抗の抑制から採用されたリトラクタブルヘッドライトは、当時のスポーツカーの象徴といえるもの。なおナンバーの位置は、バンパー下方にずらして装着してある。

第一次、第二次と続いたオイルショックにより、クルマを取り巻く環境は非常に厳しかった1970年代後半。

 そんな時代に誕生した初代RX-7、SA22Cは正真正銘のスポーツカーだった。

 世界三大24時間レースのひとつに数えられるスパ・フランコルシャン24時間レースで、日本車として初めて総合優勝を果たし、そのレーシングスピリットは、後のFC3S、FD3S、そしてRX-8へと受け継がれていくことになる。

 このIMSAスペシャルは、アメリカで行われていたレース「IMSA(イムサ)シリーズ」でのV5を記念してリリースされた特別仕様車。ターボのベーシックグレードである「ターボGT」をベースに、LSD、14インチアルミホイール、パワーステアリング、電動ミラー、リアスポイラーなどを装備。さらに、特別塗装色のキャナルブルーメタリックを設定し、スポーティー感を高めた仕様だ。ただし、現存する個体が少ない希少な1台で、SA22Cの中でも特別なモデルといえる。


シートは純正のセミバケットタイプを装備。


ラゲッジスペースは、オーナーいわく「FD3Sよりも荷物が積める」とか。


コンパクトなエンジンは、ロータリーの美点のひとつ。テーマカラーとなっていたオレンジがエアチャンバー、ファン、プラグコードに配され、ノーマルとは思えない雰囲気を漂わせている。なお、右手前に見えるエアクリーナーボックスは、今では珍しいスチール製だ。

掲載:ハチマルヒーロー vol.16 2011年 11月号(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

全ての画像を見る

85年式マツダ サバンナRX-7 ターボ IMSAスペシャル記事一覧(全3記事)

関連記事:RX-7記事一覧

text:Nostalgic Hero/編集部 photo:Isao Yatsui/谷井 功

RECOMMENDED

RELATED

RANKING