夜のふたりへ 新気流のスペシャリティーカー カリーナED 1

トヨタカリーナED Gリミテッド

1986 TOYOTA CARINA ED G LIMITED
トヨタカリーナED Gリミテッド





 好景気で華やかだった1980年代。クルマのデザインも、スタイリッシュに変革を遂げた時代でもある。

 1985年8月にデビューしたカリーナED(エキサイティング・ドレッシーの略)は、その代表的な存在であろう。トヨタで初めてとなるピラーレスの4ドアハードトップボディは、当時の4ドア車で世界一低い全高を実現し、スタイリッシュな装いが最大のアピールポイントだった。

 さらに、フロントにはコーナリングランプ一体の薄型ワイドヘッドランプと斜め格子のグリルで、端正な顔立ちを成している。超ワイドな水平リアコンビネーションランプと一体感あるレンズガーニッシュも新鮮だった。

 ここまでスタイリングにこだわったクルマであれば、居住性が犠牲になっていると疑いたくなる。ところが、しっかりと確保されているのだから、さすがはトヨタといったところだ。

 また、名前こそカリーナを名乗っているが、メカニズムはカリーナではなく、エンジンをはじめとしたプラットフォームをセリカと共通としたことで、スポーティな走りが約束された。

 おしゃれでスポーティな、スキのない4ドアは、小さな子供を持つヤングファミリーの人気を呼んだ。さらに当時は「ハイソカー」が一大ブーム。マークⅡよりもコンセプトが斬新だったピラーレスの4ドアハードトップは、デートカーとしてももてはやされた。そんな時代背景もよりいっそう、このクルマを夜景に溶け込ませている。 



グリルには、ツインカム16バルブエンジンを搭載することを主張するのエンブレが誇らしげに装着されている。

 

最上級のGリミテッドは、当時のトヨタの2L 4気筒エンジンで最高峰の3S-GELU型を搭載。2本のカムシャフトに1気筒あたり4バルブを備える16バルブを採用している。燃焼室はペントルーフ型で、メンテナンスフリーの白金プラグがおごられている。

 

掲載:ハチマルヒーロー Vol.10 ノスタルジックヒーロー2009年1月号増刊(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

text:Hachimaru Hero/編集部 photo:Isao Yatsui/谷井 功

RECOMMENDED