「頭文字D」の世界を現実にした奇跡のAE86「拓海号」 2

トヨタ スプリンタートレノ 3ドア 1600GTアペックス


いまや、AE86といえば「頭文字D」の拓海号。
藤原とうふ店と書かれたこのクルマは、漫画の中でダウンヒル最強を誇る。
漫画は熱烈な支持を得て、日本中で同じ仕様のクルマが走っている。
その魅惑的な拓海号の世界を見てみよう。

スプリンタートレノ AE86 エンジン

 カーランドを訪れる客はマニア度を強め、要求はどんどん高まり、得知さんは作品に登場する架空のパーツに近いものを探し出し、拓海号としての完成度をあげていった。今回登場したクルマはアニメ版の終盤に登場した拓海号仕様。ステアリングやシートはカタチが似ているものを探し出し、加工したもの。アニメ版では20バルブのAE111型エンジンに換装しているが、ヘッドの色がシルバーのため、あえてヘッドのみAE101型としている。


 クルマとしての完成度はもちろん、シーンごとに分析してコアなファンも唸らせる完成度を追求するカーランド。極端に言えば「このシーンの拓海号にしてください」という発注も可能なのだ。ボロボロになるまで頭文字Dの単行本を読み込み、それを見た講談社の担当編集から全巻新たに送られて来たほどの得知さんだけに、クルマだけでなく漫画やアニメ内容にも明るい。

 問題はAE86が販売終了してからも30年近く経過していること。年々純正パーツの入手は困難を極め、程度の良い車両が減り、価格も上昇していることが得知さんを悩ませている。それによって新しく頭文字Dの世界に入りたい人を拒んでしまっている。

 また、望ましいことに20代の若者が増えているのだが、AE86とトヨタ86を購入の比較対象にするという笑い話のような現実も憂慮する材料だ。

 マンガの世界は虚構だ。しかし、それを飛び越えてしまうほどの魅力をまだまだ頭文字Dは持っており、それを具現化したクルマをカーランドは作り上げている。忘れてはいけないのは、それが魔法でも未来の科学力でもないこと。ハチマル車という80〜90年代の過ぎ去った時代の魅力的なクルマを人の手で復活させているだけ。

 それを理解した上で頭文字Dの世界へ飛び込むのであれば、虚構は必ずや現実のものとなるはずだ。



84年式トレノ3ドア1600GT-APEX 頭文字Dアニメ版後期Ver

●エンジン
AE111型20バルブエンジン シルバーヘッド仕様
戸田レーシングファンネル
ULTRAプラグコード
TRUSTオイルクーラーkit
cuscoオーバルタワーバー
CARLANDクロモリ軽量フライホイール
CARLAND強化クラッチ
リボルバークロスミッション
TRD LSD
CARLAND ステンレスEX マニホールド
CARLAND TYPE-D マフラー

●足回り
CARLANDオリジナル車高調 ピロアッパー
ロールセンターアダプター
調整式ラテラルロッド
TRDサスペンション強化ブッシュ

●エクステリア
j-bloodカーボンボンネット&カーボンリトラクタブル
j-blood FRPリアゲート
cibie フォグランプ

●インテリア
左右オリジナルフルバケットシート
運転席4Pシートベルト
7Pロールゲージ
イタルボランテステアリング
CARLANDオリジナルメーターパネルキット

●ホイール&タイヤ
RSワタナベ15インチアルミ&POTENZA RE71R 195/50R15


掲載:ハチマルヒーロー 2015年11月号 Vol.32(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

text:Hachimau Hero/編集部 photo:Hirotaka Minai/南井浩孝 Cooperation:カーランド

RECOMMENDED