2by2で実現させる家族ドライブの夢|1974年式 日産 フェアレディ Z-L 2by2 Vol.1|フェアレディZの気概

後席スペースを確保するために、ボディを310mm延長して、ファストバックスタイルはそのままに、4人乗車を可能にしている。ドアパネルを長くし、サイドウインドーの形状も変更。

       
【1974年式 日産 フェアレディ Z-L 2by2 Vol.1】

 1974年1月に発売された2by2は、2シーター車のファストバックスタイルを踏襲しつつ、ボディ全長を310mm延長して、後席の空間を作り出した4人乗りモデル。リアフェンダーのホップアップラインを2シーター車よりやや強くし、曲面の張り出しを大きくして、長さに対してのバランスをとってデザインされている。

 室内は前席にバケットシート、後席にバケットタイプシートを採用。後席シートを前方に倒すと、広い荷台スペースとなり、フィッシングやゴルフなど、多彩な趣味の夢が広がる後部座席となる。L20型エンジンを始めとしたメカニズムは、2シーターモデルに準じており、5速フロアシフトのZ-Lと4速フロアシフトのZをラインナップ。

 ここで紹介する小林 鎮さんの2by2は、パワー式アンテナやステレオ付きラジオ、リクライニング式フロントシートなどを装備したZ-Lとなる。


1974年1月に発売されたモデルから一新されたコンビネーションランプを含めたテールまわりのデザインなど【写真6枚】



Vol.【2】、Vol.【3】に続く

1974年式 日産 フェアレディ Z-L 2by2(GS30)
SPECIFICATIONS 主要諸元
全長 4425mm
全幅 1650mm
全高 1290mm
ホイールベース 2605mm
トレッド 前/後 1355/1345mm
最低地上高 155mm
室内長 1500mm
室内幅 1345mm
室内高 1080mm
車両重量 1145kg
乗車定員 4名
最高速度 190km/h
登坂能力tanθ 0.48
最小回転半径 5.1m
エンジン型式 L20型
エンジン種類 水冷直列6気筒SOHC
総排気量 1998cc
ボア×ストローク 78×69.7mm
圧縮比 8.6:1
最高出力 125ps/6000rpm
最大トルク 17kg-m/4400rpm
燃料供給装置 横向可変ベンチュリー(SU型)
トランスミッション型式 前進5段・後退1段フルシンクロメッシュ
変速比 1速 3.321/2速 2.077/3速 1.308/4速 1.000/5速 0.864/後退 3.382
最終減速比 3.900
燃料タンク容量 60L
ステアリング形式 ラックアンドピニオン式
サスペンション 前後とも独立懸架ストラット式
ブレーキ 前/後ディスク式/リーディングトレーリング式
タイヤ 前後とも6.45H-14-4PR
発売当時価格 131.6万円



初出:ノスタルジックヒーロー 2014年10月号 Vol.165(記事中の内容は掲載当時のものを主とし、一部加筆したものです)

1974年式 日産 フェアレディ Z-L 2by2(全3記事)

関連記事:フェアレディZ

関連記事:フェアレディZの気概

photo : TAKASHI AKAMATSU/赤松 孝

RECOMMENDED

RELATED

RANKING