そういえばどこにエンジンあるの? マニアから「ケサブロー」の名で親しまれる1台|Vol.2 親子2代で守る老舗和菓子屋の旧車たち|1969年式 マツダ K360

フロント左右に2灯式ヘッドランプを配したスタイリッシュな軽3輪トラック、マツダK360。

【親子2代で守る老舗和菓子屋の旧車たち Vol.2 1969年式 マツダ K360】

 福島県須賀川市で和菓子屋を営んでいる太田稔さんと繁克さんは、軽トラックの魅力にとりつかれている異色の親子。今回はお二人の所有する3台の軽商用車を紹介しよう。まずはマツダのK360だ。



 中小企業や町工場、零細農家などの足として八面六臂の活躍を演じたのは、軽商用車である。60年代前半はオート3輪と呼ばれる軽3輪トラックの全盛期。ダイハツのミゼットとともにヒット作となり、多くの人たちに愛されたのが東洋工業のマツダK360だ。日常の取り回し性に優れ、実用燃費もいいなど、機動性の高さが受け、個人商店の小口配送などに活躍した。

 フロント左右に2灯式ヘッドランプを配したスタイリッシュな軽3輪トラックで、4サイクルの空冷V型2気筒OHV、356ccエンジンを搭載する。トラックが主役だが、キャビンを延ばして荷室にパネルを被せた、ライトバン仕様も用意されていた。

フロントカバーを外し12インチのタイヤが顔を出したカットなど【写真12枚】

Vol.3、Vol.4に続く

1969年式 マツダ K360(KTBA43)主要諸元
●全長2980mm
●全幅1280mm
●全高1415mm
●ホイールベース2095mm
●最低地上高160mm
●荷台長1180mm
●荷台幅1120mm
●荷台高345mm
●最大積載量300kg
●車両重量505kg
●乗車定員2名
●登坂能力sinθ0.191
●最小回転半径3.5m
●エンジン型式BA型
●エンジン種類強制空冷4サイクル2気筒
●総排気量356cc
●ボア×ストローク55×75mm
●圧縮比6.5:1
●最高出力11ps/4300rpm
●最大トルク2.2kg-m/3000rpm
●最高速度65km/h
●燃料タンク容量12L
●変速機前進3段、後退1段
●サスペンション前/後コイルバネ/半楕円板バネ
●ブレーキ主/駐車油圧式後2輪制動/機械式後2輪制動
●タイヤ前後とも5.20-12-6PR
●発売当時価格23万円

初出:ノスタルジックヒーロー 2014年2月号 Vol.161(記事中の内容は掲載当時のものを主とし、一部加筆したものです)



親子2代で守る老舗和菓子屋の旧車たち記事一覧(全4記事)


関連記事:K360記事一覧


関連記事:全日本保護指定旧車協会

text : HIDEAKI KATAOKA/片岡 英明 photo : TAKASHI AKAMATSU/赤松 孝 

RECOMMENDED

RELATED

RANKING