個性的なモデルが数多くエントリーするJTCC。その中でも異彩を放った1台|1994年式 マツダ ランティス クーペ タイプX Vol.1|ハチマルレースモデルの超絶技巧

クーペのようなハッチバックフォルムは、個性的で美しいデザイン。

【1994年式 マツダ ランティス クーペ タイプX Vol.1】
 
 イギリスのツーリングカーレース“BTCC”にならい、1994年から日本国内で始まったJTCC。

 4ドアボディ、6気筒&2L以下の自然吸気エンジンというレギュレーションで行われ、次世代のツーリングカーレースとしてレースファンから大いに注目された。また、改造範囲もJTCCの前身であるJTCより広く、サスペンションの加工やエンジンの変更(同一メーカーのFIA公認エンジンのみ)なども認められていたため、マシンは非常にスパルタン。

 ボディこそ街中で見かけるセダンがベースだが、中身は完全なレーシングマシンという、まさに羊の皮を被った狼だったのだ。

 そして、出場車種はラインナップに富んでおり、個性的なモデルがたくさんエントリー。その中でも、特に異彩を放っていたのがマツダ・ランティスだ。

Vol.2、Vol.3、Vol.4に続く

どことなくヨーロッパ車的な雰囲気のフロントマスクなど【写真7枚】

1994年式 マツダ ランティス タイプX (CBAEP) 主要諸元
全長×全幅×全高(mm) 4254×1695×1355
ホイールベース(mm) 2605
トレッド(mm) 1465(前後とも)
車両重量(kg) 1210
エンジン型式 KF-ZE型
エンジン種類 水冷V型6気筒DOHC
総排気量(cc) 1995
ボア×ストローク(mm) 78.0×69.6
圧縮比 10.0:1
最高出力(ps/rpm) 170/7000
最大トルク(kg-m/rpm) 18.3/5500
変速比 1速 3.307/2速 1.833/3速 1.310/4速 1.030/5速 0.795/後退 3.166
最終減速比 4.388
ステアリング ラック&ピニオン式
サスペンション ストラット(前後とも)
ブレーキ前/後 ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤ 195/60R15(前後とも)
発売当時価格 184.7万円

初出:ハチマルヒーロー vol.19 2012年11月号(記事中の内容は掲載当時のものを主とし、一部加筆したものです)

1994年式 マツダ ランティス クーペ タイプX(全4記事)

関連記事:ハチマルレースモデルの超絶技巧 記事一覧

関連記事:ランティス 記事一覧

text : Rino Creative/リノクリエイティブ photo:DAIJIRO KORI/郡 大二郎

RECOMMENDED

RELATED

RANKING