スーパーシルエット! 柳田春人のドライブでチャンピオンを獲得|1982年日産 ブルーバード ターボ スーパーシルエット Vol.1

柳田春人のドライブでチャンピオンを獲得!

【1982年 日産 ブルーバード ターボ スーパーシルエット Vol.1】

コカ・コーラカラーの怪物 910ブルが富士を制圧!

 富士スピードウェイを舞台に、爆発的な人気を誇った富士GCシリーズ。その前座として改造ツーリングカー・レースが開催された。スーパーカーブームに便乗した形で、富士GCレースをしのぐほどの人気レースにのし上がったのが、グループ5のシルエット・フォーミュラによって争われる「スーパーシルエット」である。

 マシンは、量産車のルーフラインを残し、形が似ていればOKだった。シャシーやパワーユニット、トランスミッションなどは量産車ベースではないレース専用のものが認められている。このスーパーシルエットに、初年度の1979年から出場していたのが柳田春人だ。1981年にシルビアの兄弟車、ガゼールのシルエット・フォーミュラに乗った柳田は、1982年シーズンはマシンを910型ブルーバードに変更した。

 真っ赤なボディに白の抜き文字のコカ・コーラカラーをまとったブルーバードのシルエット・フォーミュラの初陣は、1982年の富士GC第2戦、富士グラン250kmレースだ。このレースで総合3位の座を手に入れている。

 翌1983年はオートバックスがスポンサーとなり、カラーリングがオレンジに。熟成の域に達したブルーバードは初戦で優勝し、シリーズ3勝をあげてチャンピオンに輝いている。84年はスーパーシルエットの最終年。わずか3戦の開催だったが、白をベースとしたコカ・コーラ・ライトカラーのブルーバードは豪快な走りでファンを魅了した。

Vol.2に続く

ブルーバード・シルエット・フォーミュラの初陣、82年の富士GC第2戦の模様など【写真3枚】

1982年 日産 ブルーバード ターボ スーパーシルエット主要諸元
型式 KY910
全長×全幅×全高(mm) 5120×2000×1250
ホイールベース(mm) 2490
トレッド前/後(mm) 1610/1650
車両重量(kg) 1000
エンジン LZ20B(直列4気筒DOHCターボ)
総排気量(cc) 2082
最高出力(ps/rpm) 570/7600
最大トルク(kg-m/rpm) 55.0/6400
サスペンション(前/後) 独立懸架/セミトレーリングアーム
ブレーキ(前/後) ディスク/ディスク
タイヤ(前) 290/625-16
タイヤ(後) 350/700-19

初出:ハチマルヒーロー vol.18 2012年7月号(記事中の内容は掲載当時のもの主とし、一部加筆したものです)

1982年 日産 ブルーバード ターボ スーパーシルエット(全2記事)


関連記事:ブルーバード記事一覧

text : HIDEAKI KATAOKA/片岡英明 photo : ISAO YATSUI/谷井 功

RECOMMENDED

RELATED

RANKING