目標は「エンジンを自分で組めるようになること」。レストアとカスタムに2年以上! サビも凹みも自分で直す。|女性オーナーが愛する旧車 73年式 日産 サニー 1200GL Vol.3

内装のほうは、内張りを「染めQ」で修復し、シートは純正流用。

メーターパネルはアルミパネルから製作し、メーターは全てオートメーターに変更などなど、サニーの製作には2年以上かけている。

ただし、走れるようになってからは、関西近郊はもちろん、関東のイベントにも遠征し、楽しみながらのカスタムを続けているようだ。

色んなクルマが勢揃い!【まとめ】女性オーナーと、愛しの旧車たち。






トランク内をスッキリ見せるために、燃料タンクの前にパネルを設けている。



トランクのフロアには、本来はスペアタイヤの収納スペースがあるが、大胆にカットして、アルミパネルで小物を収めるための収納ボックスをあつらえた。



ブラックとビレットパーツでクールにコーディネートされた内装も見事な仕上がり。ABCペダルもアルミ削り出しを装着している。



念願のオートメーター製各種メーターを埋め込んだメーターパネルは、12年3月に完成。配線の取り回しなどに苦労したそうだ。


全て自分の手で製作してきた彼女の次の目標は、「エンジンを自分で組めるようになること」だという。


鮮やかなレモンイエローが眩しいB110サニー。関東のイベントにも自走で参加するという。


掲載:ノスタルジックヒーロー 2013年2月号 Vol.155(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

全ての画像を見る

73年式 日産 サニー 1200GL 連載記事一覧

関連記事:女性オーナーが愛する旧車 記事一覧

text:Nostalgic Hero/編集部 photo:Ryotarow Shimizu/清水良太郎

RECOMMENDED

RELATED

RANKING