限定800台で復活したR 日産 スカイライン2ドアスポーツクーペ GTS-R 1

1985年に始まった「全日本ツーリングカー選手権」。 グループAのワークスによる熾烈な戦いが繰り広げられ、 このシリーズに勝つために伝説の「R」の紋章が復活した。

 1985年から始まったグループA規定による「全日本ツーリングカー選手権」。グループAとは、連続する12カ月間に2500台以上が生産された4座席以上のクルマがホモロゲーションの対象となる。また、500台以上の追加生産によるスポーツエボリューションの取得も認められていた。

 R31スカイラインは、85年のデビュー当初は4ドアのみだったが、86年に2ドア・スポーツクーペのGTSを追加。さらに、翌87年のマイナーチェンジに合わせてグループAホモロゲーションモデルとして、限定800台のGTS‐Rが世に送り出されたのだ。

スカイラインホイール1スカイラインホイール2スカイライントランクスポイラースカイラインロゴ

掲載:ノスタルジックヒーロー2010年11月号増刊 ハチマルヒーロー vol.14(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

photo:Isao Yatsui/谷井 功

RECOMMENDED

RELATED

RANKING