モータースポーツ業界から映画業界へ。五木寛之原作作品も|レーシング・ドライバー大坪 引退の顛末 Vol.3

69年2月20日〜4月10日に日本TVで放送された夜のグランド劇場『愛の夜明け』にテクニカルディレクターとして大坪が参加した。

主演は南田洋子、伊藤孝雄。


 トヨタ自販を通してテクニカルディレクターの話が大坪にあった。

テストドライバー役の伊藤孝雄の事故と福沢の事故が酷似していたので、トヨタは放映に反対したが、日本TVは放映を強行した。


 これは憶測だが、大坪は自工ワークスと契約をしていた頃から自らの限界を薄々感じていて、映像の仕事を引き受けたのではないだろうか。

しかし、決定的な通告は「69日本グランプリ」直前まではされなかった。


関連記事:ホンモノのレースで3位入賞していた! 映画『ヘアピン・サーカス』の劇中のマカオGPシーン|レーシング・ドライバー大坪 引退の顛末 Vol.4


 70年からフリーになった大坪はトヨタ以外のワークスへの道を模索していた。

女優の南田洋子の紹介でマツダワークスに入ろうと試みたことがあった。

片山義美の経営する神戸の木の実レーシングへ行った。

しかし、マツダワークスの総帥片山の壁は厚く、断念した。


 大坪は幼い頃から『荒野の決闘』(46年、主演ヘンリー・フォンダ)、『シェーン』(53年、主演アラン・ラッド)、『慕情』(55年、主演ウィリアム・ホールデン)などを見ていて、映画に興味があった。

そんな理由もあり、大坪はマツダの話がなくなったのを機に、すぐ映像の仕事をやろうと決心した。


 71年には豊田四郎監督(『小島の春』や『恍惚の人』で有名)、松山善三(妻は高峰秀子)脚本の映画『炎よ永遠なり』に大坪がアシスタントプロデューサーとして参加。

日本人が「インディ500マイル」に挑戦するという物語だった。

主役候補としてチームトヨタを辞めてアメリカのレースへ挑戦していた鮒子田寛の名前が挙がっていた。

だが、配給会社とスポンサーの問題で、途中で頓挫している。


 大坪は72年4月25日公開の映画『ヘアピン・サーカス』のテクニカルディレクターを務めることになった。


 製作会社の東京映画(東宝配給)が五木寛之の作品を原作にして映画化することになった。

監督は西村潔、プロデューサーは安武龍、カメラマンは原一民だった。


 映画の話の前に五木がこの小説を書いたいきさつを説明しよう。


 五木が運転免許を取得するために、渡辺自動車教習所(88年、89年のGCレースで渡辺ドライビングスクールの名前で松本恵二のスポンサーについた)に入った。

そこで暴走族を相手にした元レーサーの教官の話を聞き、それを元にして『ヘアピン・サーカス』(71年に出版した『四月の海賊たち』の中の短編)を書いた。


 主人公の見﨑清志(当時26歳)と江夏夕子、睦五郎は東宝で選定した。

ジャズが趣味の監督がジャズシンガーの笠井紀美子(死亡する選手の妻役)を大胆に起用している。

カーチェイスとジャズのサウンドが織りなすシーンが心に残る。

  
 大坪は舘信秀(現トムス会長)、佐藤文康(耐久レースで活躍したが83年練習中事故死)を推薦した。

  
 同じレースに出ていたライバルのドライバーをアクシデントで死なせてしまい、心に傷を負った主人公は仮面をかぶったように無表情で自動車教習所の個人指導員をしている。

生徒だった江夏夕子が高速道路で標的を見つけて、事故死させていた。

見﨑は江夏夕子に愛を感じていたが、標的になりすまし、その誘いにのっていく。

そして、江夏夕子はT字路のレンガに激突死するというストーリー。


 なぜ映画の中でトヨタ2000GTをクラッシュさせたのだろうか?


 大坪は「69日本グランプリ」の前に自工ワークスから降ろされた。

その悔しさがトヨタ2000GTのクラッシュシーンに表れているのかもしれない。


 大坪が自工ワークスを辞めるとき、トヨペットサービスセンターの宮島貞利部長と石塚昭夫に「退職金がわりに3台のトヨタ2000GTをください」とお願いすると、簡単に「持って行っていいよ」という答えが返ってきた。


 2台はエンジンがかからず、3台とも一部FRPのアルミボディだ。

本橋自動車で3台から1台に組み直して映画で走らせた。

関連記事:ボンドガールの若林映子に代わり、カツラを被って2000GTオープンを運転|レーシング・ドライバー大坪 引退の顛末 Vol.2


 大坪は江夏夕子がドライブして大破するトヨタ2000GTのシーンを見て、複雑な気分だった。

監督やプロデューサーも「トヨタ2000GTをつぶしたらトヨタとの関係がまずくなるよ」と気遣ってくれたが「問題ありません、やりましょう」と大坪は答えた。


 この映画の主演男優になった見﨑は、映画とは別に「マカオGP」に参戦する予定で、マシンを探していた。

菅原義正(日野トラックでパリ‐ダカールラリーに挑戦中)からワールドAC7を借り出すことにした。

「JAPAN RACING MANAGEMENT」(菅原の会社・日本レーシングマネージメント)のステッカーがフロントに大きく貼られている。




エバがクラッシュするシーンは江ノ島近くの駐車場で撮影された。





『ヘアピン・サーカス』ではジャズシンガーの笠井紀美子が死亡する選手の妻役を演じている。



掲載:ノスタルジックヒーロー 2011年 10月号 vol.147(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

text :Nostalgic Hero/編集部

RECOMMENDED

RELATED

RANKING