510ブルーバードをモダンにアップグレード パート3

       
ホイールにも注目したい。この510が履きこなすのは、コモンスナッパーがプロデュースする国産鍛造ブランド、「バラマンディ・デザイン」の3ピースモデル。

 近年のカスタムシーンでは鍛造3ピース構造のホイールを履くのが大きなトレンドとなっているが、この510はまさにそんな流れを具現化するべく、このホイールをチョイスした。

 内装にかんしても純正形状をベースにしつつ、ほぼフルカスタムにて作り替えられている。ダッシュボードはS2000同様、エンジンはプッシュスタート式に替えられている。

 エアコンユニットは操作パネルごとS2000から移植。表面はアルミパネルでアレンジした。なんとトランクも電動オープン仕様にモディファイ済み。

 水温、油圧、電圧の追加メーターの下には、iPhone5がすっぽりと収まるスペースを設けた。ナビやオーディオとしてiPhoneを使うためで、センターコンソールごとワンオフしている。

 S2000のデジタルメーターを移植したことにより、インテリアのイメージは激変。クルマとしてのモダン度が格段にアップしている。

 シートはR35GT-R用の物を流用。電動調整機構を生かしたまま510にセットされている。シートにしっかりとお金を掛けることで、クルマの仕上がりは格段に変わる。

 さらに、トランク内部までしっかりと作り込まれている。移設したバッテリーなどをカバーして隠しつつ、しっかりカーペットを張って旧車らしいトランクに仕上げた。

 和風なクーペをベースに、いかにカッコ良く仕上げるか。その難解なテーマに挑むべく、アメリカのトレンドを押さえつつ日本発信の新しさも加えたこの510は、コモンスナッパーカスタムの真骨頂といえる1台に仕上がった。


SPECIFICATIONS
71年式 ダットサン ブルーバード クーペ
●エクステリア:72年式グリル、ダッツンブロスオリジナルカーボンボンネット、ボディスムージング、トランク電動オープン
●エンジン:F20C型、ワンオフラジエター、オイルパン加工
●吸気系:コモンスナッパーオリジナルインテーク
●排気系:コモンスナッパーオリジナルステン4-1集合エキマニ
●駆動系:S2000用6速、R180デフ
●足回り:コモンスナッパーオリジナル KANDENサスペンション、ワンオフビレットアッパーマウント
●ブレーキ:ケンメリ用マスターバック、R32スカイライン用マスターシリンダー、ウィルウッド4ピストンキャリパー
●ホイール:バラマンディ・デザインeleven(F)16×7J +3 (R)16×8J +3
●タイヤ:(F)MARANGONI ZETA 195/40R16 (R)NANGKANG NS-2 205/40R16
●インテリア:R35GT-R用電動シート、ダッシュレザー張り替え、S2000デジタルメーター移植、S2000エアコン移植


ホイールはバラマンディデザインの「eleven」16インチ。3ピース構造でオフセットやPCDまで細かくフルオーダーできるので、実はこうした3ピースホイールは旧車向きでもあるのだ。


フロントブレーキはウィルウッドの4ピストンキャリパー。


純正形状をベースにしつつ、ほぼフルカスタムにて作り替えられたダッシュボード。S2000同様、エンジンはプッシュスタート式に替えられている。


S2000のデジタルメーターを移植したことにより、インテリアのイメージは激変。クルマとしてのモダン度が格段にアップしている。


水温、油圧、電圧の追加メーターの下には、iPhone5がすっぽりと収まるスペースを設けた。ナビやオーディオとしてiPhoneを使うためで、センターコンソールごとワンオフしている。


エアコンユニットは操作パネルごとS2000から移植。表面はアルミパネルでアレンジした。なんとトランクも電動オープン仕様にモディファイ済み。


シートはR35GT-R用の物を流用。電動調整機構を生かしたまま510にセットされている。シートにしっかりとお金を掛けることで、クルマの仕上がりは格段に変わる。


トランク内部までしっかりと作り込まれている。移設したバッテリーなどをカバーして隠しつつ、しっかりカーペットを張って旧車らしいトランクに仕上げた。


掲載:ノスタルジックスピード 2014年7月 Vol.004 (記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

RECOMMENDED