Buonissimo! 全長ピッタリのガレージに240ZGを入れる方法|1973年式 日産 フェアレディ 240ZG Vol.3

厨房脇の狭いスペースに240ZGを収納するため、レールを利用したガレージシステムを考案。

【1973年式 日産 フェアレディ 240ZG Vol.3】

 レストランの改装とともに、厨房から見える位置に240ZGを置こうと考えたシェフの松永さん。設計上どう頑張ってもクルマ1台を横付けするだけのスペースしかとれない。しかも、出し入れのことを考えたら切り返して収納することが不可能な大きさのガレージとなる。

 そこで松永さんは、厨房脇の狭いスペースに240ZGを収納するため、レールを利用したガレージシステムを考案。松永さんは工務店に無理を言って、可動式のガレージシステムを製作した。それは、自走によってレール上の台座に240ZGの4輪を載せ、横移動させて収納する方式。後輪を台に載せたあと、レールを車両下にくぐらせ、前輪を台に載せ、横移動させて、厨房が見えるガラスウインドー前に収納するというもの。



 アイデアものの素晴らしいガレージだが、土地の形状から横移動の動力にモーターが使えず、手動式のラチェットになったため、夏場は汗だくになりながらZを出し入れすることになった。

 しかし、そんな苦労はなんのその。厨房から眺める240ZGに大満足な松永さん。もちろんクルマ好きなお客さんとは、食事が終わったあとにもZを見ながら旧車談議に花を咲かせる。
 アメリカで見たS30Zへの憧れは、もっとも素晴らしいカタチで実現されたのだった。

後輪を台に載せ、そしてレールを車両下にくぐらせ……車両の格納方法など【写真7枚】

1973年式 日産フェアレディ240ZG(HS30H)主要諸元
●全長4305mm
●全幅1690mm
●全高1285mm
●ホイールベース2305mm
●トレッド前/後1355/1345mm
●最低地上高160mm
●室内長835mm
●室内幅1390mm
●室内高1070mm
●車両重量1010kg
●乗車定員2名
●登坂能力tanθ0.467
●最小回転半径4.8m
●エンジン型式L24型
●エンジン種類水冷直列6気筒SOHC
●総排気量2393cc
●ボア×ストローク83.0×73.7mm
●圧縮比8.8:1
●最高出力150ps/5600rpm
●最大トルク21.0kg-m/4800rpm
●変速比1速2.906/2速1.902/3速1.308/4速1.000/5速0.864/後退3.382
●最終減速比3.900
●燃料タンク容量60L
●ステアリング形式ラック&ピニオン式
●サスペンション前後とも独立懸架ストラット式コイルスプリング
●ブレーキ前/後ディスク式/リーディングトレーリング式
●タイヤ前後とも175HR14
●発売当時価格150万円

初出:ノスタルジックヒーロー 2013年10月号 Vol.159(記事中の内容は掲載当時のもの主とし、一部加筆したものです)

1973年式 日産 フェアレディ 240ZG記事一覧(全3記事)

関連記事:フェアレディZ記事一覧

photo : SATOSHI KAMIMURA/神村 聖

RECOMMENDED

RELATED

RANKING