ツアラーVの先祖!? ハイソカーブームの中心に確実にいた5速マニュアル|1987年式トヨタマークⅡ GTツインターボ Vol.2

当時の流行だったデジタルメーターが目立つインパネ周辺。またハイソカー御用達のオートエアコンや電動格納式ドアミラーのスイッチなど、電子装備を多数採用する。

80年代に巻き起こったハイソカーブーム。

 みんなが憧れを抱いたクルマは多数あるが、その中でも人気を博したのがGX71、マークⅡの4ドアハードトップ。そしてGTツインターボは、1985年に追加され、後のツアラーVへとつながるマークⅡのホットモデルだ。

 GTツインターボに搭載されるエンジンは、ヤマハがトヨタ製1G‐EU型ユニットをベースに4バルブDOHC化し、2つのターボをドッキングした1G-GTEU型ユニット。同エンジンは後にソアラやスープラ、GX81にも搭載されたが、GX71のみ水冷式インタークーラー仕様で、その他の車種はすべて空冷式インタークーラー仕様となっていたのも特徴。なおエンジンのパワーアップに伴い、専用サスペンションを装備しブレーキも強化。オプションでLSDも設定されていた。

 このように、サルーンのルックスからは想像できないほど高いパフォーマンスを発揮するGTツインターボだが、取材車両のオーナーはノーマル状態を維持していきたいと話す。


アッパークラスであるマークIIであっても5MTモデルが用意されていた時代。


取材車両は後期型だが、前期型とはテールレンズの意匠が異なる。なおホイールは、15インチのSSRマークⅢに交換済みだ。


トランクやサイドモールだけでなく、ブラックアウトされたCピラーにもさりげなくGTのロゴが備わる。


ツインターボの文字がエンジンルームの中央に来る。



GTツインターボでは、エンジンのパワーアップに伴い、ブレーキキャリパーのサイズもアップ。安心して減速できるストッピングパワーを備えたのだ。


掲載:ハチマルヒーロー vol.16 2011年 11月号(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

全ての画像を見る

87年式トヨタ マークⅡ GTツインターボ記事一覧(全3記事)

関連記事:マークII記事一覧

text:Nostalgic Hero/編集部 photo:Hitoshi Ito/伊藤 均

RECOMMENDED

RELATED

RANKING