待望された「GT‐Rの再来」実際に与えられた名は?|1983年式 日産 スカイライン ハードトップ 2000ターボRS Vol.1

Nosweb 編集部 |2021/07/21 11:50

エンジンルームの仕上がり具合も完ペキ。ボルト&ナットも再メッキ加工してあり、完成度は非常に高い。なおエンジンはオーバーホール済みで、主要パーツには表面を強化すると同時に摩擦・摩耗特性を向上させるWPC加工が施されている。またバッテリーはZAXIAを搭載。冬場の不安がなくなることはもちろん、クルマ全体の性能アップにもつながる優れたバッテリーだ。


RECOMMENDED

RELATED関連する記事

RANKING