ホンダ車を心底愛する激速女子がステアリングを握るホットハッチ|「漫画オーバーレブ!」を支えた名車達3 ホンダ シビック SiR・II Vol.1

漫画オーバーレブ! において涼子、サワコとともに、本作品の中心的キャラクターであるアイカ(片山愛香)。

そのアイカの愛車がEG6シビックで、男勝りの性格と卓越したドライビングテクニックにより数々のバトルを制してきた。

その中でもベストバトルと言えるのが、ツムラサーキットで行われた「THE TAIMAN BATTLE」のシビック/CR-Xクラスにおける一連の戦いだ。

関連記事:仲間の思いが詰まったノーマルルーフ車|「漫画オーバーレブ!」を支えた名車達3 ホンダ シビック SiR・II Vol.2


EK9が主役となるであろう同大会へ、アイカは圧倒的に不利と思われるEG6での参戦を表明。

しかし愛車は、車重増&剛性不足が懸念材料となるサンルーフ付きだ。

そこで仲間たちは、少しでもハンデを減らせるようノーマルルーフのボディを工面。みんなの思いを受け止めたアイカは愛車からパーツを移植し、乗り換えることにした。

 こうしてEK9勢との差を少しでも縮めたEG6とアイカは、型遅れの不利をものともせず白熱したバトルを展開する。



走行距離を考えると非常にキレイな室内。ステアリングはSiR・IIのみ革巻きで、オプションでエアバッグ内蔵の4本スポークも用意。


SiRは5速MTのみ。しかしSiR・IIでは、4速ATも設定されていた。シフトレバー前方には折りたたみ式ドリンクホルダーも設置。



ドアのアウターハンドルは個性的なデザイン。空力性能向上にも貢献している。



全車スチールホイール+フルホイールキャップが標準で、SiR系とVTiにはオプションでアルミホイールを設定。また、SiR系のみ15インチとなる。

ハチマルヒーロー 2019年 11月号 vol.56(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

text : Rino Creative/リノクリエイティブ photo : Masanobu Ikenohira/池之平昌信

RECOMMENDED

RELATED

RANKING