総走行距離4万キロに満たない極上のケンメリを手に入れる|73年式 日産 スカイラインHT 2000 GT-R Vol.2

走り抜けるグランドツーリングに 美しさと力強さが共存する


GT-Rのスタイリングで特徴的なアイコンとなるのが、オーバーフェンダーとリアエアスポイラー。ダイナミックなラインで構成されたスタイリングをスポーティーに引き締めている。

 そんな当時のスタイリングがそのまま現代によみがえったような、美しいオリジナル状態を保ったままのケンメリGT-Rに出合ったのが柏木雅博さんだ。ほぼノーマルの状態でショップから購入。総走行距離は4万キロに満たない極上のコンディションだった。

 友人のクルマを見てから、旧車の世界に興味を持ちはじめ、フェアレディZ432、そして、このスカイラインにたどり着いたという。近くに相談できる友人がいたことで、安心して旧車を楽しむ環境も整っていたようだ。


160psを発揮するS20型エンジン。ダブルローラー式タイミングチェーンを採用して、耐久性と静粛性を向上させている。ラジエーターキャップは交換され、リザーバータンクが追加されている。



リアフェンダーにSkylineと赤いGTのエンブレムを装着。長年継承されたスカイラインのロゴデザインであった。



ドライバーの視認性を考慮して配置されたメーター類が並ぶ。右から電流、スピード、タコ、油圧、水温、燃料、オプションの時計。スピードメーターは240㎞/hまで刻まれていた。



シートには適度が硬さがあり、体を包み込むバケットシートを採用する。

関連記事:販売台数は200台以下。ケンとメリーのスカイライン、そのGT-Rとは?|73年式 日産 スカイラインHT 2000 GT-R Vol.1


ノスタルジックヒーロー  vol.197 2020年 02月号(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

text:Keishi Watanabe/渡辺圭史 photo:Motosuke Fujii(Salute)/藤井元輔(サルーテ)

RECOMMENDED