1964年、ホンダが日本でF1初参戦した年に登場した1台|ホンダ S600 1

軽快に回るエンジンにホンダを感じて

1965年式 ホンダS600(AS285)

 数々の実績を残し、2輪で世界を席巻していたホンダだったが、4輪進出への思いは非常に強かった。

 そして1960年代初頭、政府主導で国内4輪メーカー再編成が行われようとしていたにもかかわらず、ホンダは4輪メーカーとしての舵を切ったのだった。

 62年のモーターショーではスポーツ360と500が参考出展され、翌63年8月に商用車のT360、10月にS500が市販された。ホンダ初の4輪自動車は商用車であったが、ミッドシップエンジン、DOHCとスポーツマインドをくすぐる仕様だった。

 スタイリッシュなオープンカーのS500は発売当初から話題を呼び、センセーショナルなデビューを飾ったと言っていいだろう。そして、S500の発売から半年を経ずして、64年3月にS600が登場したのだ。


フロントフードに取り付けられたエンブレム。赤のボディには白のエンブレム、白のボディには赤のエンブレムが取り付けられる。



エンジンルームを開けると、DOHC形状のエンジンと4連キャブレターが目に飛び込んでくる。いかにもスポーツカーらしい光景が広がる。



 排気量アップされたS600はホンダらしい機動力を発揮。64年といえば、ホンダが日本では初となるF1に参戦した年。4輪スポーツの機運が高まる中で誕生したのが、S600だった。

 その後、66年に排気量をさらにアップさせたS800が登場して、同モデルは進化をとげることに。そして70年にシリーズの幕を閉じている。環境問題など、ホンダは新たなステージへの挑戦を選択することになる。



ノスタルジックヒーロー vol.195 2019年10月号掲載(記事中の内容はすべて掲載時のものです)

Nosweb.jp 最新記事一覧

text:Keishi Watanabe/渡辺圭史 photo: Akio Hirano/平野 陽

RECOMMENDED

RELATED

RANKING