ブレーキ&ダンパーで有名なエンドレスが旧車パーツを復刻? ノスタルジック2デイズで販売の可能性を探るらしい

スタートはNッコロ

2013年、N-ONE デビュー当時、はじまったエンドレスの旧車レストア。

エンドレス・レーシングガレージでの作業により完成したN360はNIとNIIIを組み合わせたハイブリッドボディに、専用設計されたキャリパーに、テストメイクのカーボンセラミックディスク、そして専用のジール車高調と、同社のレーシングカーづくりでの実績と最新技術も盛り込んだチャレンジングな1台だった。

その後も、アルファ・ロメオ ジュリエッタ スパイダー、モーリス マイナー、トヨタ スポーツ800、フィアット X1/9、プリンス・スカイライン、BMW 2000C、日野 コンテッサ、モーリス マイナー トラベラー、日産 チェリーX1-R、MG ミジェット、カルマンギア、ミニ・クーパーなどを手がけ、2020年となる今年は、日野ルノー4CV、フィアット・ヌオーバ500、そして、ダットサン・フェアレディSP311、日産シルビアCSP311をレストアしている。

今回の展示はCSP311シルビアとフィアット500。
そして注目なのは、ブースのテーブルに並ぶパーツ類だ。

無い物は作るをモットーに作られたパーツたち

エンドレスでは車両製作、レストアにあたり「無い物は作る」をモットーにパーツ製作もおこなってきた。
今回、ノスタルジック2デイズの会場で、それらのパーツの販売/予約なども予定している。
該当するパーツは、CSP311シルビアのテールランプ、コーナーマーカー、クリアレンズ、コンテッサのコーナーマーカーなど。



いずれも、エンドレスの車両レストア時に自車用に製作する際、多めに打ち出したもの。

Nostalgic2days
Nostalgic2days
Nostalgic2days



今回の展示での反応をみて、ということもあるが、他車種のパーツの復刻も対応していきたいとのこと。

思いのほか小ロットでも対応できるということなので、クラブ単位などで相談はもちろん、クラウドファンディングなどでトライしてみるのもひとつの手かもしれない。

ベースにはできれば状態のよいサンプルがあったほうがいいとのこと。
ストックで新品パーツがあるタイミングでの問い合わせもあわせて考えておきたい。


ひねりの効いた芸樹的なマフラーもチェック

Nostalgic2days
Nostalgic2days


シルビアには芸術品とも造型をもつフジツボ技研工業製のエキマニ&マフラーが装着されるなど、同社のレストアには、モータースポーツ・シーンで、ともに戦う企業の連携がある。




年始に発表となったチンクエチェントは、「アニメで人気のあの車」をできるだけ忠実に実車化。
カラーリングから内装、マフラー、ボディ形状に至るまで、資料を元に製作されている。

そのほか、エンドレスオリジナルの旧車用キャリパーキット、サスペンションキット、旧車用エンジンOIL、添加剤なども展示される。

【Nostalgic 2days 開催概要】

名称 Nostalgic 2days(ノスタルジックツーデイズ)
会期 2020年2月22日(土)〜23日(日)の2日間
時間一般来場の方 10:00~17:00(両日共最終入場16:30)
会場 パシフィコ横浜 展示ホール(B・C・D)
神奈川県横浜市みなとみらい地区 みなとみらい線「みなとみらい」駅 改札左手より徒歩5分
入場料当日券 2,500円(500円金券付き・税込)
2日通し券 当日:4,200円(500円金券×2付き・税込)

主催 Nostalgic 2days事務局

Nosweb.jp 最新記事一覧へはこちらから

text : NorioFurukawa/古川教夫

RECOMMENDED

RELATED

RANKING