ワンダーからグランド、バラードスポーツからサイバーへ それぞれ歩みを進めた シビック&CR-X EF2&EF6 2

同年9月にシビックがモデルチェンジして3代目のワンダーシビックが誕生。同じくバラードセダンもモデルチェンジをして2代目バラードに変わったが、シビックとの販売チャンネル違いだけの存在となり、名前だけのクルマとなってしまった。そして、87年9月にワンダーシビックがモデルチェンジしてグランドシビックに、同時にバラードシリーズは完全に消滅し、CR-Xは単独車種として独立して、サイバーCR-Xとなった。

 2つのクルマは性格も似たホンダらしいスポーティなフィーリング。その後、独自の展開で2つの性格が違う方向へ進んでいった。しかし、どこかにお互いのスポーティさ、上質さを意識させる性格が見え隠れするのはホンダらしい演出なのかもしれない。


赤いアクセントが美しいシビックの室内。足を投げ出すようなドライビングポジションに、低い位置でパッセンジャーを取り囲むようにラップラウンドするインパネ。そのデザインの延長線はドア内張りまで至る。



ストップランプ付きテールゲートスポイラーは標準装備。マイナーチェンジで形状が微妙に変化している。



エンジンは電子制御の2連装CVキャブレターを装着し、1気筒あたり4バルブ、計16バルブで高回転まで対応。



SPECIFICATIONS
90年式シビック3ドア25XT(EF2型)

全長×全幅×全高(mm) 3995×1680×1335
ホイールベース(mm) 2500
トレッド前/後(mm) 1450/1455
最低地上高(mm) 150
車両重量(kg) 920
乗車定員 5名
最小回転半径(m) 4.8
エンジン型式 D15B型  
エンジン種類 直列4気筒SOHC
総排気量(cc) 1493
ボア×ストローク(mm) 75.0×84.5
圧縮比 9.2:1
最高出力(ps/rpm、ネット) 100/6300
最大トルク(kg-m/rpm) 12.8/4500
変速機 1速2.705/2速1.560/3速1.027/
4速0.780/後退1.954
最終減速比 3.933
ステアリング形式 ラック&ピニオン式
サスペンション ダブルウイッシュボーン式(前後とも)
ブレーキ前 ベンチレーテッドディスク
ブレーキ後 リーディング・トレーリング
タイヤ 175/70R13(前後とも)
発売当時価格 176.5円

ハチマルヒーロー 2009年 05月号 vol.11(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

text:Nostalgic Hero/編集部 photo:kazumi ogata/尾形 和美

RECOMMENDED