S500/600/800に続く4輪メーカーへの足がかりとして発表された ホンダ N360 ツーリングS 1

愛知県岡崎市にある「柴自動車」は、全国からトヨタスポーツ800が集まるヨタハチ専門店のイメージが強い。ところが、レストアに関してはトヨタ車はもちろん、国産から輸入車まで幅広い実績を持っている。そんな柴自動車が今回手がけたのは、茨城県のAさんから依頼されたN360ツーリングS。さすがのヨタハチ・マイスターも、Nコロにはかなり手こずったようだ。

1967年3月に、ホンダがS500/S600/S800に続く4輪メーカーへの足がかりとして発表したのが、N360だ。
エンジンは空冷2気筒OHCの354ccで31psを発揮するN360E型エンジンを搭載し、前輪駆動を採用。FF2ボックスのシンプルなスタイルのボディは、広い車内スペースを持ち、最高速は115km/hという高性能を誇った。

しかも、約31.3万円〜という低価格もあって、発売後1年半で12万台を超えるという爆発的な売れ行きをみせ、一躍軽自動車のベストセラーの座に上りつめた。

 翌68年9月には、新たにN360T(ツーリング)シリーズを追加。キャブレターをツインにすることで36psにパワーアップし、最高速も120km/hにまで高められていた。

このTシリーズは、ベーシックモデルの「T」のほか、スポーティーな装備の「TS」、豪華装備の「TM」、超豪華装備の「TG」の4タイプがラインナップされた。



初期型TSはグリルのモールと一体型のHマークだったが、NⅡのツーリングSからはメッシュグリルに赤地+白字のHマークエンブレムに変更された。助手席側には「TOURING」のエンブレムも装着される。本来は、フォグランプが装備されるのが標準となる。



リアのナンバー灯カバー上の「HONDA」プレートは、初期型の黒からNⅡでは赤に変更された。



トランクの右側には「TOURING」のエンブレムが装着される。



左側は、S専用デザインのエンブレムが配置される。初期型は黄色い文字の「TS」エンブレムが採用されていた。



精悍なブラックメッシュのフロントグリルはツインキャブを誇るツーリング専用デザイン。フェンダーミラーがボディ同色なのもSの特徴の1つ。


掲載:ノスタルジックヒーロー 2011年 04月号 vol.144(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

text:Nostalgic Hero/編集部 photo:Isao Yatsui/谷井 功

RECOMMENDED