アウトバーンを疾走していた ドイツ仕様 70年式 ホンダS800クーペ 3

外観は往年の雰囲気をそのまま残しているが、それは変えるつもりはまったくない、と斉藤さん。

「クーペはクラシカルなデザインで、何ともいえない古くささとカッコよさを兼ね備えているスタイルだと思います。後ろから見た姿がとても面白く、まさに昭和のクルマだと思います」

 冬は寒く、夏は暑い。室内が狭くて運転しにくい。小言を口にするものの、そんな苦痛に味があると、ホンダSに乗り続ける斉藤さんは、根っからこのスポーツカーに惚れ込んでいるのだ。




エンジンルーム内のプレートは英語表記とドイツ語表記の2枚装着されている。
車台番号は、AS800C-10078##。



SPEC
ホンダS800クーペ(AS800C型)70年式

●全長3335mm
●全幅1400mm
●全高1215mm
●ホイールベース2000mm
●トレッド前/後1162mm/1128mm
●最低地上高160mm
●室内長840mm
●室内幅1195mm
●室内高930mm
●車両重量765kg
●乗車定員2名
●最高速度160km/h
●登坂能力sinθ0.352
●最小回転半径4.4m
●エンジン型式AS800E型
●エンジン種類水冷直列4気筒DOHC
●総排気量791cc
●ボア×ストローク60.0×70.0mm
●圧縮比9.2:1
●最高出力70ps/8000rpm
●最大トルク6.7kg-m/6000rpm
●変速比1速4.001/2速2.480/3速1.613/4速1.143/後退4.572
●最終減速比4.714
●燃料タンク容量30L
●ステアリング形式ラック&ピニオン
●ステアリングギア比17.4:1
●サスペンション前/後ダブルウイッシュボーン・コイル/5リンクリジッド・コイル
●ブレーキ前/後ディスク/ドラム
●タイヤ前後とも145SR1


掲載:ノスタルジックヒーロー 2011年 04月号 vol.144(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

text:Nostalgic Hero/編集部 photo:MINAI HIROTAKA/南井浩孝

RECOMMENDED