出合いは15年前の冬。今までと同じように、気長に、気が向いた時、少しずつカスタムする|いつかは「ワゴンの」クラウン! 偶然巡り合ったあこがれのクルマ 2

トヨタ MS52クラウン カスタム


それまで乗っていたクラウンワゴンが事故を起こしてしまった安原直喜さん。
 クルマを手放すことになり、以前からあこがれていた50系クラウンのワゴンモデルを探した。


 運良く、クラウンカスタムが現れたのだが、手に入れたときは車高が少し下がっていて、所々に腐りがある状態。
 すべてをやり直さなければいけないのは明らかであった。その出合いが、今から15年前の冬。その後、長い年月を経て、求めるスタイルに少しずつ近づいてきた。
 まだまだ、手を入れたい個所はたくさんあるという。

「いろいろやりたいことはあります。でも、今までと同じように、気長に、気が向いた時、少しずつやっていきますよ」

 クルマが生活の一部となり、スタイルとなる。そう感じさせる言葉だった。


コラムシフトにベンチシートは人気の組み合わせ。ATのトヨグライドとMTがあり、カスタムはコラムシフトのみ設定されていた。



メーターの左側には無反射ガラスを採用した大型秒針付き時計が標準装備された。





トヨタ純正ラジオも当時もの。富士通テン製の完全自動選局機能付き。右側のスイッチでアンテナの上下が可能。




三共のつり下げ式カーエアコンが装着されている。まだロータリー方式でないので60年代の商品と推測される。





窓が大きく広々した室内空間。シンプルなベンチシートがより広さを感じさせる。天井の内張など、クラウンらしくどことなく高級感をかんじさせる。



ジュータンのような素材でカバーされたラゲッジスペース。シートを倒すと広い荷室が確保できる。セダンと室内長を比べると100mmほど長い。


クラウンカスタム(MS52型)
●全長4690mm●全幅1690mm●全高1465mm●ホイールベース2690mm●最低地上高185mm●車両重量1350㎏●乗車定員8名●最高速度155㎞/h●登坂能力sinθ0.359●最小回転半径5.5m●エンジン型式M●エンジン種類水冷4サイクル直列6気筒●総排気量1988cc●最高出力110ps/5400rpm●最大トルク16kg-m/3600rpm●圧縮比9.0:1●前進3段、後退1段●ブレーキ前ディスク●ブレーキ後リーディングトレーリング●タイヤ6.95-14-6PR●発売当時価格104.1万円



掲載:ノスタルジックヒーロー Vol.143 2011年02月号(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

photo:Isao Yatsui/谷井功

RECOMMENDED