N1耐久シリーズでは無敵のR32 GT-Rにも立ち向かった! Z16A 三菱 GTO ツインターボ 3

その一方で、市販車をチューニングした車両によって行われる「N1耐久シリーズ」(現:スーパー耐久)では、持ち前のパワーを武器に、当時最強といわれたR32スカイラインGT-Rに立ち向かっていったのである。 

 このように、豪快な走りを身上としてきたGTOだが、94年のマイナーチェンジでは、装備を簡素化して軽量化を施した「MR」を設定。その後も18インチホイールの採用などを行い、戦闘力・商品力を高めていった。

GTOエンジン
ボンネット内に押し込まれた6G72型は、三菱初のツインターボ&ツインインタークーラー採用。

GTO エンジン
タービンは世界初のステンレス鋳鋼型ハウジングを採用した三菱重工製TD04をツインで装着。42.5kg-mの最大トルクを2500rpmで発生させる。


ラゲージスペース下に収まるテンパータイヤのホイールはアルミ製。少しでも重量増を抑えようということだ。



SPECIFICATIONS

GTO ツインターボ(Z16A)

全長×全幅×全高(mm) 4565×1840×1285
ホイールベース(mm)  2470
トレッド前/後(mm) 1560/1580
車両重量(kg)  1710
エンジン型式  6G72型
エンジン種類 V型6気筒DOHCツインターボ
総排気量(cc) 2972
ボア×ストロークmm) 91.1×76.0
圧縮比8.0:1
最高出力(ps/rpm) 280/6000
最大トルク(㎏-m/rpm) 42.5/2500
変速比 1速3.071/2速1.739/3速1.103/4速0.823/5速0.659/後退3.076
最終減速比 3.972
ステアリング形式 ラック&ピニオン
サスペンション前/後 ストラット/ダブルウイッシュボーン
ブレーキ ベンチレーテッドディスク(前後とも)
タイヤ 225/50R17(前後とも)
発売当時価格 410.5万円


掲載:ハチマルヒーロー 2013年 11月号 vol.23(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

text : Rino Creative/リノクリエイティブ Photo : Akio Hirano/平野 陽

タグ:

RECOMMENDED