エンジンと足回り、制動系が高次元でバランスした1台 西日本最速のS30Z  3

だがこのクルマの速さは、エンジンだけによるものではない。

クラシックガレージのスタッフ、田尻さんによれば、速いレースマシンを作る秘訣は、「基本的なことをちゃんとやる」ということに尽きるという。
足まわりやブレーキのセッティング、熱対策など、基本を押えることが大事だそうだ。

ちなみに田尻さんはこのS30Zのドライバーでもあるので、このマシンを速く走らせるコツは何かと聞いたところ、「サーキットは最終的には気合です(笑)」との答えが返ってきた。

 西日本最速の称号を得たこのS30Zだが、まだまだ次のモディファイプランが控えているという。
現在はハードなボディ補強を行っていないので、今後は補強を徹底し、その違いを確かめてみたいとのこと。

また長年のレース参戦のノウハウを生かし、お客さんのレースカー製作を請け負うのもウエルカムとのこと。気になる人は問い合わせてみてはいかがだろうか。


SPECIFICATIONS
74年式 日産フェアレディZ(S30)
●ボディ:オリジナルアンダーカバー/セミワークスオーバーフェンダーワンオフ加工/アンダーカバー/カナード/FRPボンネット(輸出用ダクト取り付け)/FRPフェンダー/FRPドア/リアディフューザーワンオフ加工/GTウイング加工取り付け
●エンジン:ASW製86㎜フルカウンタークランク/I断面コンロッド/鍛造ピストンKIT/トリプルバルブスプリング/チタンリテーナー/79SPLカム/ロッカーアーム/ブロック強化/燃焼室鏡面加工
●吸排気系:ソレックス50PHH、φ48mmタコ足
●駆動系:71Bミッション(クロス加工)、R200LSD
●足まわり:(F)YZ製車高調(4段調整)/10kg/mmスプリング、ピロアッパーマウント、25㎜ロールセンターアダプター、調整式ロワアーム、ピロテンションロッド、S31Z用スタビライザー(R)BILS製車高調、7kg/mmプリング、アリゾナアーム/デフキャリア、ARCスタビライザー、ピロアッパーマウント
●ブレーキ:S30Zマスターバック、S130Zマスターシリンダー、FD3S用キャリパー、PFCサーキットパッド(1000℃)、ベンチレーテッドローター、ステンメッシュホース
●タイヤ:アドバンA050M (F)215/50R16 (R)225/45R16
●ホイール:RAYS TE37V (F)16×9J -20 (R)16×10.5J -32
●内装:ブリッド製フルバケットシート、タカタ製3インチハーネス、10点式ロールケージ




タコメーターは純正位置に日本精機Defiをセット。ダッシュ上の3連メーターなどもサーキット走行のために精度の高いメーターに変更されている。
ダッシュボードは純正を使い、S30Zの雰囲気を残している。



センターコンソールの追加メーターは大森メーター製をインストール。


シートは運転席のみの仕様で、ブリッド製のフルバケットシートを装着し、タカタ製フルハーネスを装備する。


車内のロールケージはサイドバー入りの強固なタイプが組み込まれる。



リアハッチ内のスペアタイヤのスペースには、ATL製の安全タンクと燃料ポンプ、コレクタータンクを配置。


クラシックガレージ
http://20000202.pm.kurumaerabi.com/
お店自体はチューニングショップではなく旧車販売店で、旧車以外にも珍しい欧州製キャンピングカー等も販売している。もちろんチューニングやレースカー製作に関する相談にも乗ってくれるとのこと。


掲載:ノスタルジックスピード 2013年7月 Vol.001 (記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

RECOMMENDED

RELATED

RANKING