車重786kg! 幻のトヨタワークスエンジン151Eを搭載したTE27L 1

240ps/10500rpmを発生するレーシングエンジンを、車重786kg車体に積む。

そんなクルマがどんな走りをするのか、どれだけ速いのか。
想像を形にできることの証が、このTE27Lだ。

 「クラブTE27」のメンバーであるこのクルマのオーナー杉山さんは、そもそもその世界では有名人だった。TE27レビンにF3用の3S-G型を搭載して公認車検を取る、というような過激なクルマ作りをしており、一風変わったTE27を作ることで知られていたのだ。

 そんなTE27スペシャリストの杉山さんが、ある日ボロボロの左ハンドル仕様のTE27Lを手に入れたことから、このプロジェクトはスタートする。外装は輸出仕様には存在しない、オーバーフェンダー付きのレビン仕様としたが、そこに載せるエンジンはレビンの2T-G型ではなく、幻のトヨタ・ワークスエンジン、151E型と決めていた。

 151E型は、2バルブの2T-G型をベースに、4バルブへと改修された専用の狭角ヘッドを持つレース専用ユニット。主にワークスチームに提供され、国内ではフォーミュラ・パシフィック、海外ではラリー車等のハコ車にも搭載された。しかしその生産数は不明で、現存している実働可能な物は2基ほどと言われており、151型はまさに幻のエンジンだった。




ワークスユニットの151E型を搭載されたTE27L。輸出仕様の左ハンドル車をベースに製作された。



専用の狭角ヘッドを持つレース専用ユニットとして開発された151E型。
2T-G型の2バルブをベースに4バルブへと改修され、専用のヘッドカバーがオーラを放つ。
主にワークスチームに供給されたほか、国内ではフォーミュラ・パシフィック、海外ではラリー車等のハコ車にも搭載された。



前後バンパーはカーボン、前後フード類はFRP化されており、徹底的にボディを軽量化。


トランクもFRPに変更され、車重は786kgという当時のワークスカーと同等の数値となっている。




掲載:ノスタルジックスピード 2013年7月 Vol.001 (記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

photo:Isao Yatsui/谷井 功

RECOMMENDED

RELATED

RANKING