Z31、Z32、Z33、Z34、ハチマル世代〜現行型も多数参加 「ADVANオールフェアレディZミーティング」 4

ADVAN オールフェアレディZミーティングin富士スピードウェイ2019
●2019年5月5日/静岡県小山町 富士スピードウェイ P2駐車場



 クルマ好きの間ではすっかり初夏の風物詩として定着した感のある「ADVAN オールフェアレディZミーティング」。
 回を重ねるごとに参加者を増やすモンスターイベントだが、今年はなんと1410台を記録。文字通り全国各地からZオーナーが集まった!

 ここからは、80年代以降のハチマル世代のZオーナーを紹介していこう。


 

アメリカのIMSAに参戦し92年には連勝を記録するなど活躍した300ZXを展示。窓から乗り込んで写真撮影するサービスが人気を博していた。オーナーはPEAKS代表の細井淳さん



97年式 Z32 300ZX 2by2
長坂さん 榛音くん




イベント中心に乗っており、走行距離は3万9000km。車内パーツに書いてもらった「Mr.K」こと片山豊さんとタミヤの社長を務める田宮俊作さんのサインがお気に入りだ。



88年式 Z31 300ZX
佐藤さん




左ハンドル仕様の後期型Z31。美しいボディは、パールホワイトで施したオールペイントによるもの。車高調以外は基本ノーマルを維持しているのがこだわりだ。



08年式 Z33 タイプF
鎌田さん




フロントスポイラーなどをカーボン仕立てにしたさりげないアクセントが◎。オーリンズのショックアブソーバー、エンドレスのディスクパッドを装着した足回りもお気に入りという。



SHOP INFORMATION

会場にはスペシャルショップのデモカー&ブースが勢ぞろい。 



スピードショップクボ




スピードフォルム



アバンテオートサービス



エスコート



セントラル20



スーパーオートバックス浜松



ダットサンフリーウェイ



フジムラオート



ブラックライン



プロショップナカガワ



マーキュリーエンタープライズ



RISING



リバイブジャロピー



レストアパーツ.com



横浜ゴム



掲載:ハチマルヒーロー Vol.054 2019年7月号(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

text:Nostalgic Hero/編集部 photo:Ryota-Raw Shimizu/清水良太郎

RECOMMENDED

RELATED

RANKING