2020年も富士スピードウェイで開催予定! 「ADVANオールフェアレディZミーティング」 3

「ADVANオールフェアレディZミーティング」主催クラブのS30Z CAR.JP

ADVAN オールフェアレディZミーティングin富士スピードウェイ2019
●2019年5月5日/静岡県小山町 富士スピードウェイ P2駐車場




 好天に恵まれた令和元年の5月5日、毎年恒例の「ADVANオールフェアレディZミーティング」が開催された。
今年は初代S30フェアレディZが発売されてから50周年のメモリアルイヤーにあたるためか、じつに1410台のフェアレディZが全国各地から集結した。

 すでに公式サイトでは、来年の2020年も同じ5月の連休中に開催されることが予告されているので、来年も盛り上がりことは間違いないだろう。

 そんな、ADVANオールフェアレディZミーティング参加者の一部を紹介しよう。





「Z」ではないものの、ご先祖様にあたるダットサン・フェアレディも例年通り10数台が参加。ほとんどがSR311だったが、なかにはレアなSP311での参加者も。





76年式 フェアレディZ-T
加藤さん


Z32にも乗っていたが、子供の頃からのあこがれで、7年前ついに入手したというS31Z。エンジン周りはノーマルで、足回りに亀有のストリートサスを装着。



71年式ダットサン240Z
横手さん


4年前のN2dモニタープレゼントのダンパーを装着していた横手さんの240Z。パーツ保護のため一部社外品にしているが、いつでもオリジナルに戻せるという。




77年式 ダットサン280Z
ニイミさん


北米仕様の280Zに当時物のルーフキャリアとルーバーを装着した個体。最近では見かけなくなったスタイルで個性をアピールしている。



82年式 フェアレディZ ターボTバールーフ
奥島さん


タービンをパルサーGTI-R用に変更。かつては車高を下げるなどもしていたが、現在は純正ホイールの装着など外観をノーマルに戻しているという



83年式 フェアレディZ 200Zターボ
小田さん


L20型ターボを3ℓエンジンに載せ換え、ハルテックのフルコンを搭載。2シーターのボディだが、後席(とても狭い!)を追加した2by2仕様。



83年式 フェアレディZ ターボTバールーフ
田原さん


とにかくノーマル状態を保つことにこだわった田原さんの130Z。純正のホイールなども含めて、フルノーマル仕様を維持しているという。



80年式 フェアレディ280ZX
鈴木さん


海外仕様を逆輸入した個体で、ホイールも海外のターボ用純正オプションを履いている。見た目をノーマルに戻し中で、ないパーツは制作しているという。



掲載:ノスタルジックヒーロー Vol.194 ノスタルジックヒーロー2019年8月号(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

text:Nostalgic Hero/編集部 photo:Ryota-Raw Shimizu/清水良太郎

RECOMMENDED

RELATED

RANKING