コロナそのままのスタイルだったが、コロナにあらず! DOHCエンジンを搭載した|67年式 トヨタ 1600GT Vol.3

1967年式 トヨタ 1600 GT

1967 TOYOTA 1600 GT
1967年式 トヨタ 1600 GT





 トヨタ1600GTは1967年にコロナのスタイルをそのまま受け継いで誕生したスポーツカーだった。エンジンはトヨタ2000GTと同じく、DOHCを搭載し、高い運動性能を誇った。

 このトヨタ1600GTが生まれる礎となったのが、66年の全日本クラブマンレースでトヨタが投入したレーシングマシン「RTX」。
直4DOHCエンジンを搭載し、直6DOHCのライバル、フェアレディSを破って見事勝利。

 レースで実証されたパワーを誇り、トヨタ1600GTは満を持して発売された。グレード設定はなく、後期型トヨタ2000GTのMTを搭載する「GT5」がオプション設定されていた程度。 

 コンパクトなボディに強靭なパワーを秘め、気持ちよく伸びるエンジンフィール。
GTマシンを自身で操っている感覚を実感できる数少ない国産車でもあった。車両価格は100万円。
トヨタ2000GTに比べたら、現実味のあるGTマシンだったといえるだろう。

 しかし、コロナシリーズの1車種という存在は覆すことができず、後にコロナがモデルチェンジすると、トヨタ1600GTは継承モデルが出現することなく、静かにラインナップから消えていった。しかしトヨタのGTシリーズとしては記憶に残る存在であった。

 

トヨタ 1600 GT (RT55型)1967年式
SPECIFICATION
●全長4125mm●全幅1565mm●全高1375●ホイールベース2420mm●トレッド前/後1290mm/1270mm●最低地上高180mm●室内長1530mm●室内幅1290mm●室内高1125mm●車両重量1035kg●乗車定員4名●最高速度175㎞/h●登坂能力sinθ0.450●最小回転半径4.95m●エンジン型式9R型●エンジン種類水冷直列4気筒DOHC●総排気量1587cc●ボア×ストローク80.5×78.0mm●圧縮比9.0:1●最高出力110ps/6200rpm●最大トルク14.0kg-m/5000rpm●変速比1速3.143●2速1.636●3速1.179●4速1.000●5速0.844●後退3.238●最終減速比4.375●燃料タンク容量45L●ステアリング形式リサーキュレーティングボール●サスペンション前/後ウイッシュボーンボールジョイント式/リーフリジッド●ブレーキ前/後ディスク/リーディングトレーリング●タイヤ前後とも6.45-14-4PR●発売当時価格100万円





丸目4灯のライト回りも、コロナの特徴でもあるフロントマスクを継承。グリル形状とエンブレムは違っていた。




ホイールキャップはコロナの1600Sシリーズと同じタイプ。コロナをベースに作られたトヨタ1600GTとコロナの外見上の違いはそれほどなかった。フロントフェンダーのエアアウトレットはトヨタ1600GTだけに装着されたもの。




コロナの4R型エンジンをベースにしてDOHC化された9R型。市販車のトヨタ1600GTが登場する1年前にレースで投入され、その性能を確認したエンジンだった。



エンジンルームのサイドに装着されたプレート。車台番号と型式を刻印。エンジン仕様などは印刷済み。





オーナー息子さんが所有するトヨタスポーツ800とトヨタ1600GT、知人の2000GTの3台並べて、珍しいトヨタスポーツカーが勢揃いした。


 
掲載:ノスタルジックヒーロー Vol.140 2010年8月号(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

text:Nostalgic Hero/編集部 photo:Nobutaka Koremotou/是本信高

RECOMMENDED

RELATED

RANKING