息子さんが手にした雑誌を見て若い頃の情熱が蘇り購入|67年式 トヨタ 1600GT Vol.1

1967年式 トヨタ 1600 GT

1967 TOYOTA 1600 GT
1967年式 トヨタ 1600 GT





 息子さんが手にした雑誌がオーナーの思い出を呼び起こした。

 若い頃、最初に乗っていたのはコロナハードトップ。コラムシフトだったが、当時はやっていたフロアシフトのクルマが欲しかった。
そんな時、ディーラーの営業マンが乗ってきたのが赤いコロナハードトップ1600S。交渉の末、そのクルマを譲ってもらい、しばらく乗っていた思い出がある。

「息子が持っていた雑誌にトヨタ1600GTが載っていたんです。懐かしいなぁと見ているうちに、欲しくなってしまいまして、個人売買で購入しました」

 コロナハードトップ1600Sに乗っている時も、トヨタ1600GTへの憧れが常にあったオーナー。
ちょうど子育ても一段落ついたので、一気に夢は現実のものへと変わっていった。

 手に入れたクルマは下回りにサビが出ていたが、ルーフの程度は良く、現在でも手付かずのままの姿で残っている程。
しかし、欠品が多く、部品集めに苦労した。ユーザー同士で情報を交換したり、部品を譲り合って、なんとか今の姿にたどりついた。
購入後はサビを補修して、パーツを交換。板金は信頼のおけるプロにお願いしている。

 

 

トヨタ2000GTと似ている、トヨタ1600GTの七宝焼きエンブレム。チェッカーフラッグ部が赤ではなくブルーになっているのが特徴。




国内初となったコロナのハードトップモデルをそのまま使用している。リアウインドーは後方へ倒れこむように開き、ピラーがないハードトップを構成する。




唯一5MTを表すGT5のエンブレムがリアに装着される。ギアが違うだけで、その他の差異はほとんどない。

 
 

トヨタ2000GTの前期型と同じようにセンターで分けられ、外側はメッキ、内側はドライバーへの反射を考慮し、つや消し黒に塗装されている。



掲載:ノスタルジックヒーロー Vol.140 2010年8月号(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

text:Nostalgic Hero/編集部 photo:Nobutaka Koremotou/是本信高

RECOMMENDED