当時より今の方が人気絶大!? あぶデカとF31レパード 1

トヨタのソアラより、早いタイミングで高級パーソナルカーとして誕生したレパード。だが、4ドアをラインナップしたことや、シャシーを他車と共有したことなどがネックとなり、性能・販売面でライバルに完敗。起死回生を狙ったのが、この2代目F31だ。

 だが、やはりシャシーは他車との共有のまま。急伸するわけもなく、販売面でのテコ入れのため、日産はTVドラマとタイアップ。それが今や伝説と化した「あぶない刑事」なのだ。

 この1986年から放映された連続ドラマ「あぶデカ」といえば、やはり舘ひろしと柴田恭兵の刑事コンビ。互いを「タカッ」「ユージ」と呼び合い、犯行現場へレパードを疾走させたその姿に、多くの視聴者がクギ付けになった。時は経巡り21世紀。それまでの20年間、レパードには変わらぬ愛情が注がれ、むしろ、人気は今のほうが大きいのでは? とも思える状況が続く。

 人気を牽引しているのは、やはり「あぶデカ」の劇中車と同じ、ゴールドの前期型F31。なかでも3Lエンジンのアルティマが最強だ。例えば今回紹介するクルマは、レパードの専門店「カーショップフレンド」でフルレストアされたアルティマなのだが、これが実にすごい。何がすごいかといえば、その徹底したレストア作業。
手に入る限りすべての消耗品を新品パーツに変更しているのはもちろん、ビス1本までピカピカに磨かれ、新車時よりも美しい状態なのだ。

 30年前の当時よりも美しく仕上げられ、それを維持しているクルマには、オーナーのハンパではない意気込みが感じられる。


SPECIFICATIONS

87年式レパード アルティマ(E-UF31型)
全長×全幅×全高(mm) 4680×1690×1370
ホイールベース(mm) 2615
トレッド前/後(mm) 1435(前後とも)
最低地上高(mm) 135
車両重量(kg) 1470
乗車定員 5名
最小回転半径(m) 4.9
エンジン型式 VG30DE型 
エンジン種類 V型6気筒DOHC
総排気量(cc) 2960
ボア×ストローク(mm) 87×83
圧縮比 10.0:1
最高出力(ps/rpm、ネット) 185/6000
最大トルク(kg-m/rpm) 25/4400
変速機 1速3.321/2速1.902/3速1.308/4速1.000/5速0.838/後退3.382
最終減速比 3.900
ステアリング形式 パワーアシスト付ラック&ピニオン式
サスペンション前 独立懸架ストラット式
サスペンション後 独立懸架セミトレーリングアーム式
ブレーキ前/後 ベンチレーテッドディスク(前後とも)
タイヤ 215/60R15 90H(前後とも)
発売当時価格 383.7万円


フロント
メッキで縁取られたフォグ一体式ヘッドランプが高級感を醸し出す。グリル中央の3色で彩られた専用オーナメントが所有欲をくすぐる。

リア
テールランプはユニットの上からカバーをかぶせてデザイン処理。ランプが細く輝くのが、後続車にアピールした。


掲載:ハチマルヒーロー 2009年5月号 Vol.11(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

text:Nostalgic Hero/編集部 photo:Isao Yatsui/谷井 功

RECOMMENDED