三兄弟合計毎月2万台の販売台数!|マークII&クレスタ 2

TOYOTA MARK2 HT 2000 GRANDE
トヨタ マーク2 HT 2000 グランデ

TOYOTA CRESTA 2000 SUPERLUCENT  TWINCAM24
トヨタ クレスタ 2000 スーパールーセント ツインカム24

直線的なデザインでまとめられたGX71マーク2。セダンも存在したが、売れ線はやはりこのハードトップモデル。



86年式マークⅡ ハードトップ 2000 グランデ(GX71-XTPGE型)

全長×全幅×全高(mm) 4690×1690×1385
ホイールベース(mm)   2660
トレッド前/後(mm)    1425/1440
最低地上高(mm)      155
車両重量(kg) 1280
乗車定員       5名
最小回転半径   5.2m
エンジン型式   1G-EU型 
エンジン種類   直列6気筒SOHC
総排気量(cc) 1988
ボア×ストローク(mm) 75×75
圧縮比  9.2:1
最高出力(グロス・ps/rpm)    130/5400
最大トルク(kg-m/rpm) 17.5/4400
変速比  1速3.285/2速1.894/3速1.275/4速1.000/5速0.860/後退3.768
最終減速比     3.909
ステアリング形式      パワーアシスト付ラック&ピニオン
サスペンション前      ストラット式コイルスプリング
サスペンション後      セミトレーリングアーム式コイルスプリング
ブレーキ前/後  ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤ  185/70SR14(前後とも)
発売当時価格   228.9万円



サイドのスポイラーが違うくらいで、ほぼノーマルなボディを保っているGX71マーク2。こうした車高短スタイルも、当時からの定番といえるほど、幅広いユーザーから人気を集めていた。



純正のマッドフラップはボディ同色に塗装された、高級感ある仕上がり。貴重品といえば貴重品だ。

 

マフラーも爆音にはせず、社外品でも音量控えめなものをチョイス。これはギャラリーLオリジナルのステンレスマフラーだ。



エンジンはグランデに2種あるうちのSOHCとなる1G-EU型。シングルカムとはいえ1G-GEU型と比べてパワー差は体感できるほどではなく、低回転からのトルクが逆に分厚いほどに厚く感じる。ある意味お得なエンジンだった。



補強のためのストラットバーや、プラグコードを替えるのと同時に点火コイルも社外の強力なものに変更した。「気分的に違いますよ!」とのこと。
 


ルームミラーからぶら下がる大きなダイスと超ロングなシフトノブが目立つ室内。ウッドステアリングは兄と妹から誕生日にプレゼントされた品だという。


ソファのようなシートと茶系でコーディネートされたインテリアが、上質な雰囲気を演出する。運転席のみバケットシートを装着。



80年代半ば頃から多くなってきたオートエアコン。その操作パネルもステアリングから手を離さずに調整できるようにとメーターそばに装着。これも当時が皮切りだった。






掲載:ハチマルヒーロー Vol.10 ノスタルジックヒーロー2009年1月号増刊(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

text:Hachimaru Hero/編集部 photo:Hideyoshi Takashima/高島秀吉

RECOMMENDED