〜FC3C〜フロントミッドに13Bターボ搭載!|黄金時代を駆け抜けた孤高のピュアスポーツRX-7 3

FC3C サバンナRX-7カブリオレ

小型&軽量のロータリーエンジンをフロントミッドに搭載することで、前後重量配分は50.5対49.5という理想的なウエイトバランスを実現。
また、ディメンションはSA比で全長-10㎜、全幅+20㎜とほぼ同数値。
進化したロータリーエンジンは、空冷インタークーラー付きツインスクロールターボチャージャーを装備した2ローターの13B型で、最高出力は185ps(デビュー時)。
パワーウエイトレシオは6.54㎏/psと優れた数値を記録した。

正面

真後ろ

真横

エンジン


掲載:ハチマルヒーロー 2013年11月号 Vol.23(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

text:Rino Creative/リノクリエイティブ photo:Akio Hirano/平野 陽

RECOMMENDED