イーネ! いすゞ 奇跡の美しさを保つ117 ハンドメイドタイプⅠ 2

バンパーの上にウインカーが設置されたハンドメイド顔。ジュネーブショー出展モデルのグリル中央には、ひらがなでいすゞと入った同社の小判形エンブレムが装着されていた。

69年式いすゞ117クーペ


 ジュネーブショーで出展されたギアいすゞ117スポルト。
 これをショーモデルそのままの形で市販するには量産過程で難しい部分が数多くあり、本来であればボディデザインを修正する必要があった。

 しかし、当時のいすゞはショーモデルのデザインを優先し、あえて時代をさかのぼった手作業での量産化を行う。手作業で作られたボディラインは1台1台の寸法が違うので、それをさらに組み立ての過程で修正した。
 まさにハンドメイドと呼ぶにふさわしいモデルだったのだ。

 ハンドメイドの生産台数は月50台程度。
発売当時から希少であったため、購入後も大事にされ、78年のいすゞの新聞広告には国内登録台数に占める保有台数の割合が98%であることがうたわれた。
つまり発売から10年で手放したオーナーはわずか2%にすぎなかったということ。

生産台数が少ないにもかかわらず、現存数が多いことも納得のクルマなのである。


117クーペ サイドビュー
ボディラインが波打つことなく流麗。ISUZU SPORTSの高いレストア技術の成せる技だ。


117クーペ リア正面
リアランプはタイプⅡ以降のハンドメイドのものを使用。サイドウインカーも同様。



117クーペ マフラー
マフラーはISUZU SPORTSオリジナルのデュアルマフラー。フジツボとの共同開発で完成させた純正形状のステンレス製。



トランク内の内張りは張り替えられている。ちなみにこのタイヤカバーも張り替えられている。タイプⅠ専用のカバーだ。









掲載:ノスタルジックヒーロー 2019年6月号 Vol.193(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

photo:Isao Yatsui/谷井功 Cooperation:ISUZU SPORTS/イスズスポーツ

RECOMMENDED

RELATED

RANKING