イーネ! いすゞ 奇跡の美しさを保つ117 ハンドメイドタイプⅠ 1

69年式いすゞ117クーペ


 1968年12月に発売開始された117クーペは、当初量産される予定のなかったクルマだ。
 イタリアのカロッツェリアであるカロッツェリア・ギア社に在籍していたカーデザイナーのジョルジエット・ジウジアーロがデザインした「ギアいすゞ117スポルト」は、66年3月にスイスで開催されたジュネーブショーで初披露され、コンクール・ド・エレガンスで優勝。

 当時いすゞは、あくまでコンセプトモデルであり、市販化する予定はないと発表していた。

 しかし、いすゞの予想に反して市販化を求める声がわき起こり、量産化が検討されることになる。
 実は、これらのムーブメントをしかけたのはギア社と言われている。

 ギア社と同じくイタリアのカロッツェリアであったベルトーネ社在籍中に黄金時代をもたらし、ギア社のチーフデザイナーとして迎えられたばかりのジウジアーロが大きく飛躍するキッカケとなったのが66年のジュネーブショー。そこでさらなる名声を手に入れたのだ。

 ちなみに、その2年後の68年に「イタルデザイン・ジウジアーロ」を設立。L40キャリイバンをはじめ数多くの国産車を手がけることになるのは、読者の皆さんもよくご存知のことだろう。


117クーペ リアビュー
ジウジアーロのデザインを忠実に再現したCピラーからリアへの流麗なライン。ハンドメイドは、このピラーの細さを実現するためでもあった。


117クーペの三角窓
リアサイドウインドーはスライド式ではなく、チルト式。三角窓と合わせ、室内へのベンチレーション機能は高い。



117クーペ ホイール
純正ホイールキャップ。これがタイヤ4本分揃っていることだけでも希少。



117クーペ エンジンヘッドカバー
いすゞのDOHCエンジン。「青ヘッド」が印象的。



■Specification
69年式いすゞ117クーペ(PA90)
●全長4280mm●全幅1600mm●全高1320mm●ホイールベース2500mm●トレッド前/後1325mm/1310mm●最低地上高180mm●車両重量1090kg●乗車定員4名●登坂能力tanθ0.51●最小回転半径5.2m●エンジン型式G161W型●エンジン種類水冷直列4気筒DOHC●総排気量1584cc●ボア×ストローク82×75mm●圧縮比10.3:1●最高出力120ps/6400rpm●最大トルク14.5kg-m/5000rpm●変速比1速3.467/2速1.989/3速1.356/4速1.000/後退3.592●最終減速比4.111●燃料タンク容量58ℓ●ステアリング形式ボールスクリュー式●サスペンション前/後コイルスプリング式独立懸架ダブルウイッシュボーン/セミフローティングリーフスプリング・トルクロッド付●ブレーキ前/後ディスク/リーディングトレーリング●タイヤ前後とも6.45H-14-4PR●発売当時価格172万円





掲載:ノスタルジックヒーロー 2019年6月号 Vol.193(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

photo:Isao Yatsui/谷井功 Cooperation:ISUZU SPORTS/イスズスポーツ

RECOMMENDED

RELATED

RANKING