14年ぶりに手元に戻りフル公認。両面6mmブリッジポートの13B型ロータリーエンジンを搭載|1975年式 マツダ サバンナ GT Vol.3

当時モノの貴重品であるホイールは、マツダスピードのマグホイールだ。サイズはフロントが13×9J、リアが13×11J。タイヤはクムホV700で、フロントは215/50R13、リアは235/45R13を装着。ちなみに、ホイールナットも当時の専用品を使用。

       
一度手に入れてチューニングしたりして楽しんでいたが、事情があって売却したクルマが、今も懐かしいというのはよく耳にする話。ここで紹介するサバンナGTは、旧車専門店から販売され、何人かのオーナーの手に渡りながら、現在はその専門店の代表の元で、公道復帰の準備が進められている1台だ。買い戻した当時は、エンジンブローの状態だった。

【1975年式 マツダ サバンナ GT Vol.3】

【2】から続く

 ブローしてしまったエンジンは降ろし、13B型のブリッジポートエンジンを新たに製作し搭載。キャブレターはNAロータリーの定番、ウエーバー48IDAのダウンドラフトをセット。点火系はフルトラCDIとして、タコ足&マフラーはERCのステンレスφ60mmを装着。クロモリ軽量フライホイールや強化メタルクラッチなどで武装。

 足まわりは、AE86用の車高調やブレーキも流用し、リアはコニー製のダンパーや強化サスで引き締めている。また、内装のシート一式は特注の生地で張り替えていて、ダッシュボードのヒビ割れもリペア済みだという。


【画像6枚】FD3S用のローターハウジングをベースに、9.7ローター、3mmアペックスシールを装着。両面6mmブリッジポート加工を施している13B型エンジンなど


 現在、RX‐3を探しても、なかなかここまでコンディションのいクルマは見つからない。ましては、当時モノのスポイラーやマグホイールはまず入手不可能だと思われる。

 そんなRX‐3だが、当然ながらフル公認を取得し、公道に復帰。独特のキャブ仕様のロータリーサウンドを響かせながら、軽快に走り出した。14年ぶりに手元に戻ってきたRX‐3は、小西さんが手塩にかけ、これからも進化を続ける運命なのかもしれない。



1975年式 マツダ サバンナ GT(S124)
SPECIFICATION 諸元
●エクステリア:セミワークスオーバーフェンダー、オリジナルフロントスポイラー、マツダスピード製リアスポイラー(当時モノ)
●エンジン:13B型改ブリッジポート仕様、FD3S用ローターハウジング、9.7ローター、3mmカーボンアペックスシール、両面6mmブリッジポート加工
●吸排気系:ウエーバー48IDA(ダウンドラフト)、ERC製φ60mmステンレスマフラー
●点火系:フルトラ、CDI
●燃料系:インタンク式燃料ポンプ、燃圧レギュレーター
●駆動系:クロモリフライホイール、強化&メタルクラッチ
●サスペンション:(F))AE86用車高調(バネレート6kg/mm)、(R)強化サス、コニー製ダンパー
●ブレーキ:(F)AE86用キャリパー
●インテリア:Amon製ステアリング、特注生地にてシート張り替え、ダッシュボードリペア、大森製追加メーター(油圧、水温、油温)
●タイヤ:クムホV700(F)215/50R13、
(R)235/45R13
●ホイール:マツダスピード製マグホイール(当時モノ)
(F)13×9J、(R)13×11J



初出:ノスタルジックスピード 2016年11月号 vol.011(記事中の内容は掲載当時のものを主とし、一部加筆したものです)

1975年式 マツダ サバンナ GT(全3記事)

関連記事: 魅惑のワイドボディ

関連記事: サバンナ

text : DAISUKE ISHIKAWA/石川大輔 photo : MOTOSUKE FUJII(SALUTE)/藤井元輔(サルーテ)

RECOMMENDED

RELATED

RANKING