6気筒は後出しだった3代目スカイライン、ハコスカ|1970年式 日産 スカイライン ハードトップ 2000 GT Vol.1

縦基調の模様が入ったフロントグリルが、ハードトップ初期モデルの特徴。通称「まゆ毛付き」のフロントフェイスは、この後のセダンにも流用される。

       
【1970年式 日産 スカイライン ハードトップ 2000 GT Vol.1】

 ハコスカの愛称で、人気面で国産旧車の横綱として君臨している3代目C10スカイラインは、1968年8月にデビューした。当初は1.5Lのプリンス直系G15型エンジンを搭載する4ドアセダンとエステート(5ドアワゴン)だけのラインナップだった。

 しかし2カ月後に、L20型直列6気筒SOHCエンジンを搭載する4ドアセダンの2000GTを追加。「スカG」と呼ばれて、当時のクルマ好きたちから圧倒的な支持を得た。その勢いをさらに加速させたのが、1969年2月に加わった2000GT‐R。レーシングエンジンの流れをくむ、直列6気筒DOHCのS20型エンジンをボンネットの中に収め、セダンボディの地味な外観とのギャップを比喩して「羊の皮を被った狼」と呼ばれるようになった。

通称「まゆ毛付き」のフロントフェイスやリアフェンダーに付く矢印エンブレムなど【写真21枚】




日産のNをあしらったメインエンブレム。ハードトップは文字の色さしが赤となる。






スチール製のリアガーニッシュに、グレードを示すエンブレムが付く。







トランクリッド中央に付く車名エンブレム。これも本来、文字の色さしが青だが、暫定的に赤を装着。





1970年式 日産 スカイライン ハードトップ 2000 GT(KGC10)
SPECIFICATON 諸元
全長 4330mm
全幅 1595mm
全高 1375mm
ホイールベース 2570mm
トレッド前/後 1325/1320mm
最低地上高 170mm
車両重量 1080kg
乗車定員 5名
最高速度 175km/h
登坂能力 tanθ0.60
最小回転半径 5.2m
エンジン型式 L20型
エンジン種類 水冷直列6気筒SOHC
ボア×ストローク 78×69.7mm
総排気量 1998cc
圧縮比 9.5:1
最高出力 120ps/6000rpm
最大トルク 17.0kg-m/4000rpm
変速機 フルシンクロメッシュ式前進4段・後退1段
変速比 1速 3.592/2速 2.246/3速 1.415/4速 1.000/後退 3.657
最終減速比 3.90
燃料タンク容量 40L
ステアリング形式 リサーキュレーティングボール式
サスペンション前/後 ストラット式独立懸架/セミトレーリングアーム独立懸架
ブレーキ 前/後 ディスク/リーディングトレーリング式
タイヤ 前後とも6.45S-14-4PR
発売当時価格 89.5万円


【2】【3】に続く


初出:ノスタルジックヒーロー 2015年 02月 Vol.167 (記事中の内容は掲載当時のものを主とし、一部加筆したものです)

1970年式 日産 スカイライン ハードトップ 2000 GT(全3記事)

関連記事:スカイラインの軌跡

関連記事: スカイライン

photo : HIROYUKI TAKII/滝井宏之

RECOMMENDED

RELATED

RANKING