アウディのスローガン「技術による先進」が50周年。長年にわたるテクノロジーへの情熱を振り返る

「Vorsprung durch Technik(技術による先進)」のスローガンが50周年を迎えた

       
アウディの代名詞ともいえるスローガン

アウディのスローガン「Vorsprung durch Technik(技術による先進)」が2021年で50周年を迎えた。50年の節目を迎え、アウディでは、50年以上に及び数多くのイノベーションを振り返り、ネッカーズルムのアウディフォーラムで、「50 Years of Vorsprung durch Technik」と題された新しい特別展を開催し、フォーラムを訪れた来場者に、長年にわたるテクノロジーへの情熱を示している。


1970年当時のラインナップ。NSU Ro 80、アウディ100、アウディ100クーペS、アウディヴァリアント、NSUプリンツ4、NSU TT。すべて、「Vorsprung durch Technik」を具現化していたといえる。

アウディは、4つのリングを重ねたエンブレムが示すように、4つの独立した自動車メーカーが統合されて設立されている。1932年にアウディ、DKW、ホルヒの3社が合併、さらにヴァンダラーを吸収しアウトウニオンが誕生した。
そして、1969年にはネッカーズルムのNSUと合併し、Audi NSU Auto Union AG(アウディNSUアウトウニオンAG)が生まれ、現在のアウディへとつながる。

合併当時のラインナップは、空冷エンジンを搭載した後輪駆動の「NSUプリンツ」シリーズから、水冷4気筒エンジンを搭載した前輪駆動の「アウディ60」、「アウディ100」、さらにロータリーエンジンを搭載した未来的なデザインの「NSU Ro 80」に至るまで多岐に及んでいた。そこでアウディNSUの広報部に所属していたハンス バウアーは、この技術的多様性を競争上のアドバンテージにするというアイデアを思いつき、1970年「Vorsprung durch Technik(技術による先進)」というスローガンを考案するに至る。



この新しいスローガンは、1971年1月に大型広告として使用され、カタログにも掲載されるようになる。「アウディ100」、「アウディ100クーペS」、「アウディ80」、「アウディ50」の各モデルはすべて、「Vorsprung durch Technik」を具現化していたといえる。その後スローガンは、「Audi. A nice bit of technology(アウディ、それはすばらしいテクノロジー)」、「Audi. Relaxed driving with perfect technology(アウディ、完璧なテクノロジーによるリラックスしたドライビング)」など、さまざまな形に変化したが、すぐに元の「Vorsprung durch Technik」に戻ることとなった。

1980年「クワトロ」が登場すると、このスローガンはより頻繁に広告い起用された。当時、ヨーロッパ最大の広告とされたのが、ドイツ・アウトバーンA9号線のインゴルシュタット北出口付近に設置された広告で、赤いアウディオーバルロゴの横に、「Vorsprung durch Technik」の文字が添えられていた。

このスローガンは、1986年10月までにアウディのコーポレートアイデンティティの重要な要素となり、Audi 80のカタログにも使用され、50年が経過した今日では、このスローガンがアウディの代名詞といえる存在となっている。

RECOMMENDED