ライバルのソアラとはひと味違うエレガントさ|1988年式 日産 レパード XS-Ⅱ Vol.1

ジェットターボを装備した、日産の最上級スペシャリティー。

       
【1990年式 1988年式 日産 レパード XS-Ⅱ Vol.1】

 デビューから四半世紀以上、そして生産終了から20年以上経った今でも多くのファンに愛されているレパード。テレビドラマ「あぶない刑事」の影響も多々あるが、純粋にクルマとして人々をひき付ける魅力があったからこそ、今日まで絶大な人気を保持してきたのだろう。

 たとえば、端正でジェントルなスタイリング。「エアフロー・フォルム」と名付けられたデザインは大人のパーソナルクーペの象徴といえるもので、8連マルチヘッドランプやダックテールタイプのリアエンドなど特徴的なディテールを多数採用し、気品漂うスタイリングを実現している。そしてインテリアに目を向けても、上質かつラグジュアリーなテイストでまとめられており、ライバルのソアラとはひと味違うエレガントさが見受けられるのだ。

新品なみのクオリティーのサージタンクカバー等、抜群のコンディションを保持したエンジンルームなど【写真17枚】

1988年式 日産 レパード XS-Ⅱ(F31)
SPECIFICATIONS 諸元
全長×全幅×全高(mm) 4680×1690×1370
ホイールベース(mm)  2615
トレッド(mm) 1435(前後とも)
車両重量(kg)  1370
エンジン型式  VG20ET型
エンジン種類 V型6気筒SOHCターボ
総排気量(cc) 1998
ボア×ストローク(mm) 78.0×69.7
圧縮比 8.5:1
最高出力(ps/rpm) 155/5600
最大トルク(kg-m/rpm) 21.3/3600
変速比 1速 2.785/2速 1.545/3速 1.000/4速 0.694/後退 2.272
最終減速比 4.111
ステアリング ラック&ピニオン
サスペンション前/後 ストラット/セミトレーリングアーム
ブレーキ前/後 ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤ 205/60R15(前後とも)
発売当時価格 306.9万円


【2】【3】に続く



抜群のマッチングを見せるホイールは定番のBBS・RS。タイヤはヨコハマDNA ECOSで、サイズは前205/55R16、後225/50R16。





カーショップフレンドのオリジナルブランド「villanelle(ヴィラネル)」のオールステンマフラーを装着。出口はφ80mmのデュアルだ。






ボディ同色のスリットが入ったテールランプが前期の特徴。ホワイト2トーンのボディカラーは、1986年秋に追加された。



初出:ハチマルヒーロー 2014年 02月号 vol.24(記事中の内容は掲載当時のものを主とし、一部加筆したものです)

1988年式 日産 レパード XS-Ⅱ(全3記事)

関連記事:魔性のターボパワー

関連記事: レパード

text : Rino Creative/リノクリエイティブ photo : SATOSHI KAMIMURA/神村 聖

RECOMMENDED