「スポーツコミューター」から一段とスポーツカー的な性格を強めた2代目とは?|1990年式 トヨタ MR2 Gリミテッド Tバールーフ Vol.2

Gリミテッドのエンジンは自然吸気の3S-GE型。ステンレス製のエキゾーストマニホールドを採用し、排気の高効率化を実現。なおⅠ型の最高出力は165psだが、最終型のⅤ型では200 psまで高められた。

       
【1990年式 トヨタ MR2 Gリミテッド Tバールーフ Vol.2】

伸びやかでエレガントなシルエットと豊かな面構成、初代よりもひと回り大きくなったボディ

Vol.【1】から続く

 2代目にあたるSW20は、「スポーツコミューター」という基本コンセプトを踏襲しながら、一段とスポーツカー的な性格を強めた。その核となっているのが、ボディのサイズアップと排気量の拡大だ。

 初代よりもひと回り大きくなったボディは、伸びやかでエレガントなシルエットと豊かな面構成を実現するため、全長を220mm、全幅を30mm拡大。全高を10mmダウン。初代のイメージを大きく崩すことなく、よりスタイリッシュでスポーティーなフォルムを実現した。

 そして、ボディサイズを拡大しながら動力性能を向上させるため、初代の1.5~1.6Lに代えて2Lエンジンを搭載。とくにターボの3S‐GTE型は、エキゾーストマニホールドとタービンハウジング通路のデュアル化による排気干渉の抑制と、セラミックタービンホイールの採用により、225psというハイパワーと優れたレスポンスを手に入れたのだ。

AW11よりも約50%容量をアップしたリアトランクルームや、操作性に優れるTRDの球形状シフトノブなど【写真18枚】

Vol.【3】に続く



視認性および操作性を重視し、センターコンソールをドライバー側にオフセットしたインパネ。室内を明るく見せることと保護のため、アイボリーのダッシュマットを装備している。





シート後方にはラゲージスペースを設置。小物類の保管のほか、取り外したルーフをスマートに収納することも可能。



1990年式 トヨタ MR2 Gリミテッド Tバールーフ(SW20)
SPECIFICATIONS 諸元
全長×全幅×全高(mm) 4170×1695×1240
ホイールベース(mm)  2400
トレッド前/後(mm) 1470/1450
車両重量(kg)  1210
エンジン型式  3S-GE型
エンジン種類 直列4気筒DOHC
総排気量(cc) 1998
ボア×ストローク(mm) 86.0×86.0
圧縮比 10.1:1
最高出力(ps/rpm) 165/6800
最大トルク(kg-m/rpm) 19.5/4800
変速比 1速 3.285/2速 1.960/3速 1.322/4速 1.028/5速 0.820/後退 3.153
最終減速比 4.176
ステアリング形式 ラック&ピニオン
サスペンション ストラット(前後とも)
ブレーキ前/後 ベンチレーテッドディスク(前後とも)
タイヤ前・後 195/60R14・205/60R14
発売当時価格 229.5万円


初出:ハチマルヒーロー 2013年11月号 Vol.23(記事中の内容は掲載当時のものを主とし、一部加筆したものです)

1990年式 トヨタ MR2 Gリミテッド Tバールーフ(全3記事)

関連記事:REカーとライバルたち

関連記事: MR2

text : Rino Creative/リノクリエイティブ photo : MOTOSUKE FUJII(SALUTE)/藤井元輔(サルーテ)

RECOMMENDED