3つのエンジン! ターボもラインアップ。そして……|1986年式 日産 サニー RZ-1 ツインカム タイプB Vol.2|駆け抜けるテンロク

スピードメーターを中央に、発光ダイオードのタコメーター、燃料計、水温計などを配置したエレクトロニックデジタルメーター。

       
【1986年式 日産 サニー RZ-1 ツインカム タイプB Vol.2】

Vol.【1】から続く

 1986年2月にデビューしたサニーRZ‐1は、エッジを利かせたシャープな直線基調のフォルムやスラントノーズ、ブリスタータイプのフェンダーなど、斬新なスタイリングが特徴。カップルで乗ることを想定したパーソナルクーペとして2+2シートを採用し、若年層をターゲットにしていた。また、デジタルメーターなどの先進装備のほか、アジャスタブルショックアブソーバーといった走りを楽しむアイテムも投入することで、商品価値を高めたのだ。

 エンジンは当初、前述のE15ET型と自然吸気のE15S型を搭載していた。しかしデビュー半年ほどで、CA16DE型を新たに搭載。これにより、1.6LDOHC、1.5Lターボ、1.5L自然吸気というエンジンバリエーションを持つことになった(1987年のマイナーチェンジで1.5Lターボは廃止)。そしてCA16DE型を搭載するツインカムシリーズは、スポーティーな上級グレードとしてラインナップされたのだ。また、ツインカムシリーズには「ニスモ」グレードも設定。これは、ブラックの専用ボディカラーやエアロパーツのほか、ハードサスペンションやニスモ製ステアリングなどを装備した走りのグレードだ。


メーター両側にエアコン吹き出し口を配置した直線基調のインパネなど【写真10枚】




Vol.【3】に続く

1986年式 日産 サニー RZ-1 ツインカム タイプB(EB12)
SPECIFICATIONS 諸元
全長×全幅×全高(mm) 4230×1665×1335
ホイールベース(mm)  2430
トレッド前/後(mm) 1425(前後とも)
車両重量(kg)  1050
エンジン型式  CA16DE型
エンジン種類 直列4気筒DOHC
総排気量(cc) 1598
ボア×ストローク(mm) 78.0×83.6
圧縮比 10.0:1
最高出力(ps/rpm) 120/6400
最大トルク(kg-m/rpm) 14.0/5200
変速比 1速 3.063/2速 1.826/3速 1.286/4速 0.975/5速 0.810/後退 3.417
最終減速比 4.471
ステアリング ラック&ピニオン
サスペンション ストラット(前後とも)
ブレーキ前/後 ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤ 185/60R14(前後とも)
発売当時価格 162.0万円


初出:ハチマルヒーロー 2013年 8月号 Vol.022(記事中の内容は掲載当時のものを主とし、一部加筆したものです)

1986年式 日産 サニー RZ-1 ツインカム タイプB (全3記事)

関連記事:駆け抜けるテンロク

関連記事: サニー RZ-1

text : Rino Creative/リノクリエイティブ photo : MOTOSUKE FUJII/藤井元輔

RECOMMENDED