若い頃からの憧れのクルマ。自分へのごほうびとして購入|S54A-2型|1966年式 プリンス スカイライン 2000 GT-A|S54スカイラインと新たな仲間たち

S54A-2型は取材の2年半前に購入。

       
2013年、初秋のある日、西日本でS54スカイラインのオーナーたちが集まるという情報が入ってきた。そして、取材がきっかけとなり、オーナーズクラブ設立にまで話が進展したという。その名も「プリンスS54クラブ西日本」。プリンス車への愛情あふれるオーナー達を紹介。

【05】1966年式 プリンス スカイライン 2000 GT-A

美しいホイールキャップなど【写真7枚】



オーナー/城藪秋雄さん

 学校を卒業したあと、整備士として広島日産に勤務していた経験があるという城藪秋雄さん。現在は地元で整備工場を経営している。「若い時から、一度は乗ってみたかった」というS54A-2型は、2年半前に購入。ずっと前からクルマを探していたそうで「長年働いてきた自分へのごほうびだな」と、笑顔で教えてくれた。一番気に入っているところは「2速、3速でアクセルを踏んだ時の加速感がいいね。ぐーんと引っ張っていく感じ」と、G7型エンジンのフィーリングを称賛した。今後手がけたいところは、エンジンとミッションのオーバーホールだとか。整備のプロとして、3000km以内のオイル交換は欠かしていないそうだ。


>>> 6台のオーナー車、プリンススカイラインの紹介は続く(5/6台目)


初出:ノスタルジックヒーロー 2013年12月号 Vol.160(記事中の内容は掲載当時のものを主とし、一部加筆したものです)

S54スカイラインと新たな仲間たち

関連記事:スカイライン

関連記事:1966年式 プリンス スカイライン 2000 GT-A

photo:HIROTAKA MINAI/南井浩孝

RECOMMENDED

RELATED

RANKING