全16戦中9勝でコンストラクターズチャンピオン獲得! ホンダのF1スピリットが刻まれた、純白のメモリアルモデル|1986年式 ホンダ バラードスポーツCR-X Si F-1スペシャルエディション Vol.1|THE限定車

F‐1スペシャルエディションのボディカラーはホワイトのみだった。

       
【1986年式 ホンダ バラードスポーツCR-X Si F-1スペシャルエディション Vol.1】

 ホンダF1の歴史は、大きく3つに分けることができる。1964~1968年の第一期、1983~1992年の第二期、そして2000~2008年の第三期だ。そのなかで全盛期といえるのが、エンジンサプライヤーとして参戦した第二期だろう。

フィットより約150mmも短い全長など【写真8枚】

 15年ぶりにF1界へ復帰したホンダは、1983年に600psオーバーのスペックを誇る1.5LV6ツインターボのRA163E型をスピリット・チームに供給。翌年1984年にはパートナーをウィリアムズへ変更し、RA163E型の改良版であるRA164E型を供給した。そして第9戦ダラスGPで、参戦再開後17戦目にして第二期初の優勝を飾ったのだ。1984年はこの1勝にとどまったものの、85年には4勝をあげ、名実ともにトップコンテンダーの仲間入りを果たす。そして1986年はウィリアムズ・ホンダFW11に1050psオーバーのRA166E型を搭載し、全16戦中9勝という圧倒的な強さをみせ、みごとコンストラクターズチャンピオンに輝いたのである。

 その1986年のタイトル獲得を記念して発売されたのが、バラードスポーツCR‐Xに400台限定で設定されたF‐1スペシャルエディションだ。



Vol.2、Vol.3に続く

1986年式 ホンダ バラードスポーツCR-X Si F-1スペシャルエディション(AS)
Specifications 主要諸元
全長×全幅×全高(mm) 3755×1630×1290
ホイールベース(mm)  2200
トレッド前 / 後(mm)  1400 / 1415
車両重量(kg)  900
エンジン型式  ZC型
エンジン種類 直列4気筒DOHC
総排気量(cc) 1590
ボア×ストローク(mm) 75.0×90.0
圧縮比 9.3:1
最高出力(ps/rpm) 135/6500
最大トルク(kg-m/rpm) 15.5/5000
変速比 1速 3.181/2速 1.944/3速 1.304/4速 0.967/5速 0.823/後退 3.000
最終減速比 3.866
ステアリング ラック&ピニオン
サスペンション前 / 後 ストラット / トレーリングリンク
ブレーキ前 / 後 ベンチレーテッドディスク/ リーディングトレーリング
タイヤ 185/60R14(前後とも)
発売当時価格 170.3万円


初出:ハチマルヒーロー 2013年5月号 Vol.021(記事中の内容は掲載当時のものを主とし、一部加筆したものです)

1986年式 ホンダ バラードスポーツCR-X Si F-1スペシャルエディション(全3記事)

関連記事:バラード

関連記事:CR-X

関連記事:THE限定車

text : Rino Creative/リノクリエイティブ photo : AKIO HIRANO/平野 陽

RECOMMENDED

RELATED

RANKING