軽自動車だけどスペシャリティーカー スズキ フロンテ クーペ 1


軽自動車だけどカッコいい! 当時の若者があこがれたスペシャリティーカー

72年式 スズキ フロンテ クーペ GXF

スズキ フロンテクーペ
 現在の軽自動車分野で確固たる地位を築くスズキだが、その先駆者的モデルといえば1962年に誕生したフロンテだった。

 当時先進のFF(前輪駆動)で登場し、67年の2代目からはRR(後輪駆動)を採用。

「コークボトルライン」と呼ばれる前衛的なデザインが当時の若者の間で話題を集め、国内での販売は一挙に広がっていった。そして70年になると、エクステリアをさらに磨きをかけた3代目が登場。最初こそ空冷式エンジンだけのシリーズだったが、途中から水冷式エンジンも加わるなど正常に進化を果たしていった。

 この頃の軽自動車市場はホンダN360が主役だ。そのハイパワーとパッケージングに対抗するため、各メーカーは続々とモデルを投入していくのだが、71年9月にスズキが繰り出したクルマこそフロンテクーペだった。 



 3代目フロンテの水冷エンジンを採用した派生クーペモデルは、イタリアのジウジアーロがデザインを担当。

 全長3m、全幅1.3mの限られた規格だったが、ノーズを低くし、フロントガラスを深く傾斜させて、さらに三角窓を排すことで洗練されたヨーロピアンテイストを見事に表現。

 軽自動車といえば足代わりに使う時代だったが、37ps/6500rpmの性能も相まって、当時のクルマファンはこぞってこのスーパー軽自動車を称賛した。

スズキ フロンテクーペ

スズキ フロンテクーペ

(SPEC)
72年式 スズキ フロンテ クーペ GXF
全長(mm) 2995 全幅(mm) 1295 全高(mm) 1200 ホイールベース(mm) 2010 車両重量(kg) 480 エンジン型式/種類 LC10W型/ 水冷2サイクル直列3気筒 総排気量(cc) 356 最高出力(ps/rpm) 37/6500 最大トルク(kg-m/rpm) 4.2/4500 サスペンション前/後 コイルスプリングウイッシュボーン独立/ コイルスプリングセミトレーリングアーム独立 ブレーキ前/後 ツーリーディング/リーディング・トレーリング 発売当時価格(万円) 46

掲載:ノスタルジックヒーロー 2019年4月号 Vol.192(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

text:Nostalgic Hero/編集部 photo:Ryota Sato/佐藤亮太

RECOMMENDED