インタークーラーを追加し、大台を突破した無敵のRS|1984年式 日産 スカイライン ハードトップ 2000ターボインタークーラー RS-X Vol.3|オーバー200馬力の衝撃

インタークーラーを追加し、大台を突破した無敵のRS

【1984年式 日産 スカイライン ハードトップ 2000ターボインタークーラー RS-X Vol.3】

 190psのターボRSのFJ20ET型で、ポンッと付けられたターボ。さらにターボ装着のために特別なことがされていれば、さらなる高出力が望めたはず。

 その「特別なこと」が、インタークーラーの装着だ。ターボの特性上、空気を圧縮するときに発生する熱で、加圧した空気密度が薄くなる。インタークーラーは加圧した空気を冷却し高密度にすることで、より高出力を得るための装置だ。その結果、ターボCは205psを実現し、名実ともに「史上最強のスカイライン」となった。

 R30のモデルライフはわずかに4年。その間、RSシリーズだけで2度もエンジンに手が入れられた。それだけ開発陣の情熱が詰まった特別なクルマであり、そんなドラマがいまだに多くのファンをひきつける要因なのだろう。





再メッキ加工済みのフューエルラインやAACバルブなど【写真6枚】

1984年式 日産 スカイライン ハードトップ 2000ターボインタークーラー RS-X(DR30)
SPECIFICATIONS
全長×全幅×全高(mm) 4620×1675×1385
ホイールベース(mm)  2615
トレッド前/後(mm)  1420/1410
車両重量(kg)  1250
エンジン型式  FJ20ET型
エンジン種類 直列4気筒DOHCターボ
総排気量(cc) 1990
ボア×ストローク(mm) 89×80
圧縮比 8.5:1
最高出力(ps/rpm) 205/6400
最大トルク(kg-m/rpm) 25.0/4400
変速比 1速 3.321/2速 1.902/3速 1.308/4速 1.000/5速 0.838/後退 3.382
最終減速比 4.111
ステアリング リサーキュレーティングボール
サスペンション前/後 ストラット/セミトレーリングアーム
ブレーキ前/後 ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤ 205/60R15(前後とも)
発売当時価格 287.9万円

初出:ハチマルヒーロー vol.20 2013年02月号(記事中の内容は掲載当時のものを主とし、一部加筆したものです)

1984年式 日産 スカイライン ハードトップ 2000ターボインタークーラー RS-X(全3記事)

スカイライン 記事一覧

関連記事 オーバー200馬力の衝撃 記事一覧

photo :ISAO YATSUI/谷井 功 text : Rino Creative/リノクリエイティブ

RECOMMENDED

RELATED

RANKING