生産終了まで5年間。その国内販売台数は?|1995年式 スバル アルシオーネSVX S4 Vol.3|バブルでGO

リアコンビの一文字のデザインは、先代アルシオーネからの伝統

【 1995年式 スバル アルシオーネSVX S4 Vol.3】

  生産終了までの5年間で、国内販売は6000台にも満たず、総生産台数でも2万5000台足らず。

 とても成功を収めたクルマとは言えない。

 しかし、ここにとても興味深いデータがある。オーナーの小山さんが提供してくれたそれによると、2011年6月時点で、日本国内には1800台強の個体が残っているそうだ。

 デビューから20年以上が経ったクルマで3割の現存率というのは奇跡に近い。商業面での華は開かなかったが、SVXがいかに優れているか、どれだけ愛されているか、そしてオーナーを満足させているかは、この事実が明白に示している。


無骨なスバルが生み出したイタリアンな伊達グルマ


 アルシオーネという名を聞いて、後ろから見ると宇宙戦艦ヤマトのようなデザインの初代モデルを思い浮かべるか、あるいは2代目のSVXのほうを考えるか。それは人によるだろう。

 いかにもスバルらしい超技術主導の姿勢で、説明されても理解できないほど凝りまくりの先進技術を満載した初代アルシオーネも、バブル前夜の混とんを想起させてくれる気がする。

 ジウジアーロの手によるイタリアンファッションをまとって登場した2代目のSVXも、バブルの狂騒の中から生まれてきたがゆえの、底知れぬすごみを感じさせる。それまで自分を支えていた「スバル党」とは決別し、けんらん豪華だが危険だらけの都会の夜へと駒を進めようという、強い決意を内側に秘めたクルマなのだ。

 ピッチリした背広を身につけ、ブクブク太ったミニバンに乗る現代のビジネスパーソンたちよ。バブル期の伊達男たちは、ゆったりしたソフトスーツでアルシオーネを転がしたのだ。

木目パネルの色が他のモデルと違うのもS4の特徴など【写真6枚】

1995年式 スバル アルシオーネSVX S4(CXW)主要諸元
全長×全幅×全高(mm) 4370×1800×1345
ホイールベース(mm) 2615CXW)
全長×全幅×全高(mm) 4625×1770×1300
ホイールベース(mm) 2610
トレッド前/後(mm) 1500/1480
車両重量(kg) 1590
エンジン型式 EG33型
エンジン種類 水冷水平対向6気筒DOHC
総排気量(cc) 3318
ボア×ストローク(mm) 96.9×75.0
圧縮比 10.0:1
最高出力(ps/rpm) 240/6000
最大トルク(kg-m/rpm) 31.5/4800
変速比 1速2.785/2速1.545/3速1.000/4速0.694/後退2.272
最終減速比 3.700
ステアリング ラック&ピニオン式
サスペンション前後 ストラット(前後とも)
ブレーキ前後 ベンチレーテッドディスク(前後とも)
タイヤ前後 225/50R16(前後とも)
発売当時価格 316.6万円

初出:ハチマルヒーロー 2012年 11月号 vol.19(記事中の内容は掲載当時のものを主とし、一部加筆したものです)

1995年式 スバル アルシオーネSVX S4(全3記事)

アルシオーネ 記事一覧

バブルでGO!! 記事一覧

photo : MOTOSUKE FUJII/藤井 元輔 text : Rino Creative/リノクリエイティブ

RECOMMENDED

RELATED

RANKING