3戦目で念願のトップチェッカー! その後は……。エボリューションモデルとして大成功を収めたGTS‐R|1987年式 日産 スカイライン 2ドアスポーツクーペ GTS-R Vol.2|ハチマルレースモデルの超絶技巧

サージタンクには「RB20DET-R」のエンブレムが。

【1987年式 スカイライン 2ドアスポーツクーペ GTS-R Vol.2】

 一方でレースには、1987年のインターTECでデビュー。初戦こそ15位と惨敗したが、3戦目で念願のトップチェッカーを果たす。その後も安定した走りを見せ、全14戦中6勝を記録。そして89年にはリーボックスカイラインがシリーズチャンピオンに輝くなど、目覚ましい活躍を見せたのだった。

 多くのファンが待ち望んだGT‐Rではなかったものの、14年振りに「R」の称号が復活。こうしてGTS‐Rはエボリューションモデルとして大成功を収めたわけだが、その翌年からはR32GT‐RがグループAシーンに登場。再びGT‐Rがサーキットを席巻することになる。

Vol.3、Vol.4に続く

1987年式 日産 スカイライン 2ドアスポーツクーペ GTS-R (HR31) 主要諸元
全長×全幅×全高(mm) 4660×1690×1365
ホイールベース(mm) 2615
トレッド前/後(mm) 1425/1420
車両重量(kg) 1340
エンジン型式 RB20DET-R型
エンジン種類 水冷直列6気筒DOHCターボ
総排気量(cc) 1998
ボア×ストローク(mm) 78.0×69.7
圧縮比 8.5:1
最高出力(ps/rpm) 210/6400
最大トルク(kg-m/rpm) 25.0/4800
変速比 1速3.321/2速1.902/3速1.308/4速1.000/5速0.838/後退3.382
最終減速比 4.375
ステアリング ラック&ピニオン式
サスペンション前/後 ストラット/セミトレーリングアーム
ブレーキ ベンチレーテッドディスク(前後とも)
タイヤ 205/60R15(前後とも)
発売当時価格 340.0万円


初出:ハチマルヒーロー vol.19 2012年11月号(記事中の内容は掲載当時のものを主とし、一部加筆したものです)



400psオーバーのポテンシャルを持つといわれるRB20DET-R型エンジン【写真4枚】


1987年式 日産 スカイライン 2ドアスポーツクーペ GTS-R(全4記事)


関連記事:スカイライン 記事一覧

text : Rino Creative/リノクリエイティブ photo:MOTOSUKE FUJII/藤井 元輔

RECOMMENDED

RELATED

RANKING