「カルソニックスカイラインの実車に、まさか乗るとは思いませんでした」|’91 CALSONIC Side : B|スカイライン GT-R R32 Vol.5|ハチマルレースモデルの超絶技巧

サスペンションは、タンク別体のインパル・オーリンズ車高調キットを装着。「車高はもう少し落としたいかな」とオーナー。

       
【スカイライン GT-R R32  Vol.5】

 オーナーの岡部洋樹さんがクルマにまだ興味のない子供のころ、初めて心からカッコいいと感じたのが、このカルソニックスカイラインだったという。それだけにスカイラインというのは特別な存在で、このGT‐Rの前はR33GTSを所有。そして約3年前に、念願のGT‐Rを手に入れたそうだ。購入の決め手となったのは、カルソニックスカイラインが勝利した91年の第4戦・仙台ハイランド仕様に前オーナーが仕上げていたこと。「模型を見てカッコいいと感じたカルソニックスカイラインの実車に、まさか乗るとは思いませんでした」と岡部さん。

 今後は、経年劣化でヒビが入ってきたステッカー類をリフレッシュすることと、フロントウインドーにハチマキを貼ることが目標だそうだ。



Vol.6、Vol.7、Vol.8に続く

グループAバージョンの証しであるバルクヘッドのシリアルプレートなど【写真5枚】

SPECIFICATIONS
1994年式 GT-R インパル Gr.A バージョン スペックR
●R33GT-R用N1エンジン●東名パワードポンカム●R34GT-R用N1タービン●インパルブラストマフラー●インパル製オーリンズ車高調●フロントブレーキF50ブレンボキャリパー●インパルスポーツシートTS-1●ホイール:インパルNS-GTⅡ9J×18●タイヤ:BSポテンザS001245/40R18

初出:ハチマルヒーロー vol.19 2012年11月号(記事中の内容は掲載当時のものを主とし、一部加筆したものです)

スカイライン GT-R R32 ハチマルレースモデルの超絶技巧(全8記事)

関連記事:スカイライン 記事一覧

text : Rino Creative/リノクリエイティブ photo:AKIO HIRANO/平野 陽

RECOMMENDED